Windows 7 Beta版をダウンロードしてみた – ダウンロードの感想。

windows 7

日本でもWindows7 Beta版のダウンロードが始まりました。米国ではすでに、日本語版も含めて、日本よりも5日ほどはやく配布が始まっていました。Microsoftによると、1月24日をもって配布を終了するとのことなので、せっかくなのでとりあえずダウンロードだけしてみました。

上の画像が、Windows7のデフォルトのデスクトップ画面です。青い水の中で泳いでいるのは、熱帯魚のベタですね。金魚ではありません。

Windows7 Beta版をダウンロードしましたが、今のところはインストールするつもりはありません。メインに使っているPC以外に、Windows7の推奨スペックを満たすものを持っていないので・・・。いくら新しい物好きの自分でも、さすがにメインのPCにBeta版のWindows7をインストールしてみようとは思いません。Dドライブにインストールしてデュアルブート環境を構築するという方法もありますが、不具合が発生する可能性が否めないので、今回はこの方法はとりません。


Windows7 Beta版をダウンロードしてみた感想

まず、Windows7 Beta版をダウンロードするには、Windows Live IDが必要です。自分はHotmailのアカウントを持っていたので、ここはスムーズにできました。Windows Live IDを持っていない方は、無料ですぐに取得できます。

さて、Windows7のBeta版はISO形式でMicrosoftからデータが配布されています。32bit版と64bit版が配布されていて、32bit版の合計ダウンロードサイズは約2.45GBでした。このファイルをソフトウェアを使うなりして、DVDに焼いてからインストールするわけです。ちなみに、Windows7 Beta版の配布サイトには、IEでサインインしないとダウンロードすることができません(Firefoxなどは不可)。

サイズが約2.45GBとそれなりに大きいので、ダウンロードが完了するまでそこそこ時間がかかります。当方の環境では3時間弱でした。

ダウンロードは、ブラウザのダウンロードマネージャーではなくJavaのダウンローダを使うので、ダウンロードの途中にブラウザを閉じてもOKです。

windows7_beta_downloader_20090114

ダウンローダは、このようなシンプルなものです。ダウンロードはなかなか進みませんが、それほど遅いわけでもありません。気長に待ちましょう。就寝中にダウンロードしておくのが良いと思います。

結論として、ダウンロード開始までの手順はわりとスムーズにできました。ダウンロード速度も、遅くてイライラするほどではありません。今回はとりあえずダウンロードしてみただけですが、気が向いたらインストールしてみたいと思います。ちなみに、このBeta版の使用期限は2009年の8月1日までとなっています。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2009 年 1 月 13 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Windows

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ