Google Chromeの開きすぎたタブを自動保管しメモリ解放する拡張機能「Stock Tabs」

Stock Tabs

Stock Tabs

「Stock Tabs」は、Google Chromeで一度に開くタブの数を制限しメモリ消費を抑制してくれる拡張機能です。Google Chromeはもともとメモリの消費量が非常に大きいウェブブラウザですが、メモリを食い尽くしてしまう一番の原因は、何よりタブを多く開きすぎてしまうこと。

通常のウェブ閲覧の範囲ではメモリ不足がそれほど問題になることはありませんが、例えば後で読むページを新しいタブで開いておいて、別のタブでメイン作業を行うといった使い方をしていると、いくら多くのメモリを搭載していてもすぐに間に合わなくなってしまいます。

一番のメモリ不足対策はGoogle Chromeのブックマーク機能をうまく利用するなどしてタブを一度に開きすぎないことですが、なるべくならメモリ解放のために作業量を増やすようなことは避けたいところ。そこで注目したいのが本拡張機能です。

開いているタブの数があらかじめ設定した数以上になると、順次タブを一時的に閉じてバックグラウンドに自動ストックすることによってメモリを解放し、現在開いているタブの数が再び指定した数未満になった際に自動復元してくれるという、ダイナミックな仕組みのメモリ解放ツールです。

Stock Tabs の使い方

1、上記サイトから「Stock Tabs」をインストールします。
Stock Tabs ダウンロード

2、ツールバーのアイコンからオプションを開きます。
Stock Tabs

3、最大表示タブ数と除外するアドレスを設定します。ここで設定した数以上のタブを開いたとき、自動的に順次タブを閉じてバックグラウンドに保管するようになります。
Stock Tabs

4、その他の項目は初期設定のままで特に問題ないと思いますが、新規にストックするタブは「新規に作成したタブ」を選択した場合、タブを新しく開いた際に勝手に閉じられてしまうことがあるので、「末尾のタブ」を選んでおいた方がいいかもしれません。
Stock Tabs

5、オプションで設定した数より多くのタブを開くと、順次タブがストックされていきます。ストックされたタブの数はツールバーのアイコンに表示されます。
Stock Tabs

6、アイコンをクリックするとストックされているタブのURLの確認が行えます。ストックされているタブは、現在開いているタブの数が設定した数未満になった際に自動的に復元されますが、手動で復元したりクリアすることも可能です。
Stock Tabs

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 7 月 19 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Google Chrome ブラウザ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ