Firefoxで簡単にプロキシを通すことができるアドオン「PhProxy – InBasic」

phproxy_inbasic

PhProxy – InBasic

「PhProxy – InBasic」は、Firefoxでとても簡単にプロキシを通してブラウジングすることを可能にしてくれるアドオンです。信頼できないサイトを閲覧する必要があるときなど、何らかの理由でプロキシを使ってアクセスしたいこともあるでしょう。しかし、プロキシの設定は多少の準備と知識が必要で、初心者にとっては少々面倒でややこしくもあります。

そういった悩みを簡単に解決してくれるのが、「PhProxy – InBasic」です。このアドオンをFirefoxにインストールすれば、ワンクリックで非常に簡単に、任意のサイトを串を通してブラウジングすることができるという優れものです。Firefoxでプロキシを使うには、このアドオンを使用することがおそらく最も簡単な方法です。

このアドオンを使って串を通すためには、プロキシサーバーの設定などややこしい点は一切ないので、初心者にとっては非常にとっつきやすい親切設計になっています。プロキシ設定に関する知識がない初心者にはもちろん、「使いやすさ」という点では、ある程度の知識があるユーザーにとっても大変重宝するアドオンです。


このアドオンは、デフォルトの状態でも既にいくつかのプロキシサーバーが登録されているので、プロキシサーバーのややこしい設定の必要はなく、インストールしたらワンクリックですぐにプロキシを使うことができるという点がとても便利です。

もちろん、オプション設定で新しくプロキシサーバーを追加したり、その他の表示設定などを変更することも可能です。

PhProxy – InBasicの使い方!

1、上記サイトにアクセスし、「PhProxy – InBasic」をFirefoxにインストールします。

2、インストールすると、Firefoxのウィンドウ右下のステータスバーに、アイコンphproxy_inbasic_iconが追加されます。

3、ページを表示した状態で、このアイコンをクリックすると、プロキシサーバーを経由してページを再読み込みして表示し直してくれます。この際、ページの読み込みには通常よりも時間がかかりますが、これはプロキシサーバーを経由している証拠です。

phproxy_inbasic

プロキシを通してページを表示した場合、このようにページのアドレスの前に「PH::」と表示されます。また、「PhProxy – InBasic」の先ほどのアイコンの色も変わります。

なお、プロキシサーバーを経由して表示したページ内のリンクをクリックした場合も、プロキシサーバーを介した状態で新しいページを表示してくれます。この際、右クリックのコンテキストメニューを開くと[Open by PhProxy in new tab]や[Open without PhProxy]などのメニューが追加されていて、新しいタブでページを表示したり、プロキシサーバーを経由せずに表示することもできます。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2009 年 2 月 24 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Firefox ブラウザ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ