Firefoxと完全互換の高速起動が可能な軽量ブラウザ「Pale Moon」

Pale Moon

Pale Moon

「Pale Moon」はFirefoxと高い互換性を持つ、高速起動が可能なオープンソースのウェブブラウザです。Firefoxの最大の欠点と言えば、何と言ってもとにかく起動に時間がかかること。最近ではChromeも拡張機能に対応してきたこともあり、豊富なアドオンで自由に機能を追加できるというFirefox独自の優位性が失われつつある今、ヘビーユーザーの間でもより起動の速いChromeへの乗り換えが進んでいる傾向にあるようです。

そんなFirefox最大の欠点である起動の遅さですが、こういった問題点を改良してアドオン等の互換性はそのままに、よりユーザーの視点に立って使いやすく軽量に再設計されているのがこの「Pale Moon」というブラウザです。基本的なデザイン、機能からインターフェースまでほとんどFirefoxと同じで、起動や動作が速くメモリの消費も少ないという、ツボを押さえたブラウジングが可能になっています。

既にFirefoxを使用している環境なら、インストールするとブックマークやオプション、アドオン、テーマなどほとんどの設定をそのまま引き継いでくれるため、ちょっと試してみたいといった場合や本格的な乗り換えもとても簡単。アップデートも本家のFirefoxと並行して最新版がリリースされており、オリジナルのウェブブラウザと言うよりは、「カスタマイズ版Firefox」と言った方がいいかもしれません。


Pale Moon の使い方

1、上記サイトから「Pale Moon」をダウンロードします。公式サイト以外にも、ミラーサイトからもダウンロード可能になっているので、好きなところからダウンロードしてください。
Pale Moon ダウンロード

2、ダウンロードしたファイルを起動して「Pale Moon」をインストールします。
Pale Moon.exe

3、「Pale Moon」のインストールを開始します。[Next]をクリック。
Pale Moon

4、インストールタイプを選択して[Next]をクリック。
Pale Moon

5、インストールフォルダを選択して[Install]をクリック。「Pale Moon」を既定ブラウザに設定しない場合は「Use PaleMoon as my default web browser」のチェックを外しておきます。
Pale Moon

6、インストール中。
Pale Moon

7、インストール終了。[Finish]をクリックすると「Pale Moon」が起動します。
Pale Moon

8、「Pale Moon」を起動したところ。見た目や使い方はFirefoxと全く同じです。既にFirefoxをインストールしている場合は、特に何もしなくても自動的にアドオンやブックマーク等の設定をそっくりそのまま引き継いでくれます。
Pale Moon

Pale Moon の日本語化

「Pale Moon」はデフォルトではメニューが英語になっているので、日本語の言語パックをインストールして日本語化します。

1、「http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/Firefoxのバージョン/win32/xpi/」にアクセスします(Firefoxのバージョンのところは3.5や3.6と入力)。
Firefox 言語パック

2、日本語の言語パック(ja.xpi)をクリックします。
Pale Moon 日本語化

3、「Palemoon Prevented this site (releases.mozilla.org) from asking you to install software on your computer.」と警告が出ますが[Allow]をクリックします。するとアドオンマネージャーが開くので、そのまま日本語の言語パックをインストールします。
Pale Moon アドオンマネージャー

4、about:configを開いて、「general.useragent.locale」を「en-US」から「ja-JP」に変更します。同様に、「intl.accept_languages」も「ja-JP」に変更。
Pale Moon about:config

あとは「Pale Moon」を再起動すると、日本語化されています。ただし、ここでのabout:configの設定はFirefoxにも反映されてしまうので、変更するときには十分注意が必要です。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2010 年 2 月 28 日 | コメント/トラックバック(20)|

カテゴリー:Firefox ブラウザ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. Firefox互換の「Pale Moon」は確かに起動が速いです - 更新を怠る日々 より:

    [...] Firefoxと完全互換の高速起動が可能な軽量ブラウザ「Pale Moon」∴ANTARES そんなFirefox最大の欠点である起動の遅さですが、こういった問題点を改良してアドオン等の互換性はそのままに、よ [...]

  2. ITキヲスク | 2010年2/28~3/6の週間ブックマーク より:

    [...] Firefoxと完全互換の高速起動が可能な軽量ブラウザ「Pale Moon」 [...]

コメント

  1. 自転車操業。 より:

    日本語化のところで「about:configを開いて…」という記述がありますが、それってどこにあるんでしょう?
    プルダウンメニューのどこにも見当たりません。
    ver.3.6.0.5

  2. より:

    アドレスバーに「about:config」と入力してエンターキーをぽち。
    Firefox使いなら説明するまでもなく基本中の基本だぞ、おいw

  3. 自転車操業。 より:

    Thanks>あ
    でもね、そんな設定いじらない人には基本でも何でもないのよ。
    ググれカスという罵倒は甘んじて受けますわ…

  4. っっs より:

    なんか痛い構図をみたw

  5. 通りすがり より:

    注意!!!
    Pale Moonをアンインストールする時に、設定を削除するのチェックボックスをOnにしてアンインストールすると、FireFoxの設定、ブックマーク、アドオン、クッキーなどの全ての設定が削除されてしまいます。
    バックアップを取ってなかった上に、間違って削除してしまったので、
    がんばって元に戻します。。。

  6. K.O より:

    アンインストール情報ありがとうございます。助かりました。
    ちなみに、検索エンジンが変わるのは、
    フォルダC:\Program Files\Mozilla Firefox\searchplugins
    にあるファイルを
    フォルダC:\Program Files\Pale Moon project\searchplugins
    にコピーすれば、Firefox上のがそのまま使えます。

  7. ryu より:

    半信半疑でしたが、Firefoxと比べると初回起動時間が半分くらいになりました。結構良いですね^^ユーザーエージェントがFirefoxを名乗らないせいでFirefoxの公式アドオンをサイトから直接インストールできないみたいなので手動でインストールする必要がありますが、今のところ私の環境ではそれ以外にはこれと言って問題は起こっていません。Chromeに乗り換えを検討していたところですが、しばらくこれを使ってみようと思います。

  8. 須賀利通 より:

    ユーザーエージェントのせいなら
    ユーザーエージェントを変更できるアドオンで対処できるのでは?

  9. だばだ より:

    UAならアドオン入れなくてもabout:configから変えられますよ

  10. syk より:

    日本語化が出来なかったので、アンインストールしました。
    日本デバックがインストール出来なかったので、諦めました。
    私の場合、PaleMoonをアンインストールしても、設定は消えませんでした。
    今のところ通常通りに使えてます。
    日本語デバックって、もう無いのでしょうか?
    URLを貼り付けても、Unknownばかりで・・アクセスできないし・・。
    もう、日本語化できないのかな・・。^^;

  11. やや より:

    http://releases.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/3.6.3/win32/xpi/
    FireFox3.63用ですが

  12. まさ より:

    昨夜PM導入しました。
    現在20以上のアドオンを入れていたので大分起動が重くなっていたのですが、今のところすこぶる快調です。
    測定などは行ってませんが、感覚的にはノンアドオンの初期状態並みに軽快です。
    日本語化も全く問題ありませんでした。

    FFの高速化には、そこまで詳しくはないものの以前から様々思考錯誤していました。
    ファスターFやファステストF、SQLite…等のアドオンや、BFRD-DRIVEなど有名どころは一通り試しましたが、今回のPMの仕様でのFFはかつてないほどの安定性と明確な効果を実感できました。
    ぶちゃけこの「効いた感」は癖になりそうです…もっぺんインストールからやり直したい位です(笑)

    導入一日目なのでまだ様子見ではありますが、恐らくこのまま使い続けると思います。

  13. まさ より:

    そうそう…一個だけ気になる点があったんだ…

    バージョンアップの手順はどうなるんやろ…

    どなたかご存知ないですか?

  14. 上の方へ より:

    今アップデートし終わったところなので自分の手順を書いておきます。

    http://www.palemoon.org/download.html に行き
    上の方の「handy tool found here. 」のhereをクリックして「pmmig.exe」をDLします。
    これはブックマークやアドオン等の設定を引き継ぐためのもののようです。

    次に下の方のリンクからPale Moonの最新版(現在は3.6.6)である「palemoon-3.6.6-installer.exe」をDLします。

    DLが終わったら「palemoon-3.6.6-installer.exe」をダブルクリックして
    指示に従いインストールします。
    インストールが完了してPale Moonを起動すると、ブックマークやアドオンが
    何も入っていないまっさらな状態で起動します。

    そこで一旦Pale Moonを閉じ「pmmig.exe」をダブルクリックします。
    そして指示に従っていくとFirefoxのプロファイルをコピーしだすので完了するのを待ちます。

    コピーが完了した後Pale Moonを起動すると今まで使ってた通りの状態で
    起動するはずです。

    一応心配だったのであらかじめFirefoxのプロファイルは自分で予備を取っておきましたが必要無かったです。
    とはいえ何があるか解らないのでプロファイルの予備を取っておいた上でアップデートの作業をした方が良いかも知れません。

  15. jxqt より:

    http://www.palemoon.org/download.htmlではなく
    http://www.palemoon.org/download.shtmlです。
    それから、pmmig.exeをダウンロードするには上のDownloadからProfile Migration Toolへ行き、そこからダウンロードできます。

  16. 肉汁 より:

    丁度設定やブックマークを反映してくれなくて困ってました。 jxqtさん情報ありがとうございました。

  17. やまだまや60歳男 より:

    FFポータブルからPMポータブルへのプロファイルコピー、どうやるんでしょう?だれか教えて

  18. kon より:

    ↑Firefox Portableの記事にやり方が書いてある
    http://antarespc.com/web-browser/mozilla-firefox-portable-edition.html
    この記事を参考にすればわかるはず

    要はPale Moon Portableのプロファイルのディレクトリを探し出して
    そこにFirefox Portableのプロファイルを上書きしてやればいいだけだ


コメントをどうぞ

このページの先頭へ