SSL接続可能なら自動でHTTPSに切り替えてくれるFirefoxアドオン「HTTPS Finder」

HTTPS Finder

HTTPS Finder

「HTTPS Finder」は、閲覧中のサイトがSSLに対応しているかどうかを自動検出し、可能であれば自動的にHTTPS接続に切り替えてくれるFirefoxアドオンです。SSLとはインターネットに接続する際に情報を暗号化して送受信するプロトコルで、これを利用することで通信内容の盗聴を防ぐことが可能になりセキュリティが向上します。

SNSやECサイトのアカウントなど、パスワードを用いてプライバシー情報にアクセスする際には、できれば平常のHTTP接続よりもSSLによる暗号化を施されたHTTPS接続を利用したいところですが、SSLの導入にはSSL証明書の購入などサイト側で様々な対応を取らなければならないという事情があり、全てのサイトでHTTPS接続を利用できるわけではありません。

このため、通信の安全性を普段から意識していないと、SSLに対応済みのサイトにアクセスする場合でも、HTTPS接続の利用をどうしても見落としてしまいがちですが、そんな実情を踏まえて今回注目したいのがこのFirefoxアドオン、「HTTPS Finder」です。

本アドオンは、Firefoxにインストールし有効化するだけで、WEBサイトにアクセスした際SSLの利用が可能かどうかを自動検出し、可能であれば強制的にHTTPS接続に切り替えたり、通知バーを表示して手動での切り替えを促してくれるほか、ドメインごとにHTTPS接続の利用・非利用をルールとして記憶し、次回以降そのルールに従うよう設定することも可能です。


HTTPS Finder の使い方

1、上記サイトから「HTTPS Finder」をインストールします。

2、試しにSSL対応サイトにHTTP接続してみます。
HTTPS Finder

3、デフォルトでは、このように自動的にHTTPSに切り替わるよう設定されています。
HTTPS Finder

4、SSL接続する必要がない場合、[Add to whitelist]ボタンをクリックすると以後そのサイトではHTTPSに切り替わりません。ホワイトリストに登録する必要がない場合は、[Not now]をクリックします。また、アドオンHTTPS Everywhereをインストールしている場合は、[Save rule]ボタンをクリックするとルールとして登録することができます。
HTTPS Finder

5、オプションでは、アドオン機能の有効・無効、通知バーの非表示、ホワイトリストの編集などが可能です。
HTTPS Finder

6、デフォルトでは、HTTPSへの切り替えが実行されるたびに通知バーが表示されるようになっているので、これを表示しないために[Do not prompt to save HTTPS rule]にチェックを入れておくと良いでしょう。
HTTPS Finder

7、また、[Automatically enforce HTTPS when available]のチェックを外すと、このように手動でHTTPSに切り替えるかどうかを選択できるようになります。
HTTPS Finder

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2011 年 6 月 30 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Firefox ブラウザ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ