Google ChromeをRAMディスクに丸ごとインストールして超高速化する方法!

Google ChromeをRAMディスクにインストールする方法

前回のエントリーで、FirefoxをRAMディスクに完全インストールして信じられないほど高速化する方法を紹介しましたが、同様にGoogle Chromeも、キャッシュの保存場所をRAMディスクに置き換えるだけでなく、RAMディスクに丸ごとインストールしてしまえば、より高速化することが可能です。しかしながら、Chromeの場合はインストール時にフォルダの指定ができないため、普通はOSがセットアップされているHDDにしかインストールすることができません。

そこで、ここでは”ジャンクション”と呼ばれる手法を用いて「表向きはあたかもHDDにアクセスしているように見えるが、実際にはRAMディスクドライブにアクセスしている」という状態を作りすことで、Google Chromeの起動に必要なデータを丸ごとRAMディスクから呼び出し爆速動作させるという、裏技的な方法を紹介します。

なお、この記事ではあらかじめPCにRAMディスクドライブが作成されていることを前提に解説を行います。RAMディスクの作成方法や、そのための無料ソフトの紹介については上記エントリーにて簡単に触れているので、まずはそちらを参考にしてGoogle Chromeをインストールするのに十分な容量のRAMディスクを用意してください。


Google ChromeをRAMディスクにインストールする方法

ここでは、インストールデータの読み込みやキャッシュの保存など、Google Chromeの起動や動作に必要なデータを全てRAMディスク上でやりとりする方法を解説します。

面倒な方は、ポータブル版のGoogle ChromeをRAMディスク上に置いて使用しても高速化効果の程度は同じですが、Windowsにインストールおいた方がアップデートがスムーズに行えたり、CCleanerなど周辺ツールの使用が可能になるなど、何かと融通が利きます。

1、マイクロソフトのサイトから「Junction」というツールをダウンロードします。
junctionのダウンロード

2、ダウンロードしたファイルを解凍し、中にある「junction.exe」ファイルをCドライブ直下に置いて下さい(任意の場所でも構いませんが、ここでは説明の都合により)。
junction.exe

3、ここでは、RAMディスクドライブをHドライブと仮定し説明を進めます。Hドライブの直下に新規フォルダを作成し、「Google Chrome」と名前をつけてください(任意の名前でも構いませんが、ここでは説明の都合により)。
Google Chromeフォルダ

4、「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google\Chrome」(Vista/7の場合は「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome」)を開きます。途中、隠しフォルダになっているので、[ツール] – [フォルダオプション]から[表示]タブを選択し、「全てのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れて下さい。
フォルダオプション

5、「Application」「User Data」の2つのフォルダが開きます。これらのフォルダをコピーし、RAMディスクドライブに作成した「Google Chrome」フォルダの中に置いて下さい。
Chromeのフォルダ

6、Google Chromeのウィンドウを全て閉じ、「C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Google」(Vista/7の場合は「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google」)にある、「Chrome」フォルダを削除します。
フォルダを削除

7、コマンドプロンプトを起動し、「C:¥Documents and Settings¥ユーザー名」(Vista/7の場合は「C:¥Users¥ユーザー名」)のあとに、「cd ¥」と打ち込み、Enterキーを押します(コピペではうまくいかないので、手打ちして下さい)。
コマンドプロンプト

8、カレントドライブが「c:¥」になったら、次に「junction “C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Local Settings¥Application Data¥Google¥Chrome” “H:¥Google Chrome”」(Vista/7の場合は「junction “C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Google¥Chrome” “H:¥Google Chrome”」)と打ち込み、Enterキーを押します(これも手打ちして下さい)。「ユーザー名」「H:」の部分は各自の環境に合わせて変更して下さい。
コマンドプロンプト

9、「Junction」の利用規約のダイアログが表示されたら、[Agree]をクリック。
Junction License Agreement

10、スクリーンショットのように、「Created」と出れば成功です。エラーが出た場合は、打ち間違いが原因の可能性が高いので、もう一度よく注意してやってみてください。
コマンドプロンプト

11、Google Chromeを起動してみて、ブックマークや履歴などのユーザーデータが元通りになっていれば作業完了です。Cドライブ直下に置いた「junction.exe」は削除してしまって構いません。これで本当にRAMディスクから起動できているのか心配な場合は、「H:\Google Chrome\User Data\Default\Cache」のキャッシュを確認してみて下さい。

また、同様の手法で、キャッシュのフォルダだけをRAMディスクに移すことも可能です。起動速度に関しては、Google Chromeは元々HDDでも十分速く起動するように設計されているため、Firefoxのほど劇的な変化はありませんが、ブラウジング体感速度の向上、ファンやハードディスクのシーク音の静音化など、多くの部分でかなりのパフォーマンスアップが期待できます。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2010 年 11 月 25 日 | コメント/トラックバック(18)|

カテゴリー:Google Chrome Tips ブラウザ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 祭司 より:

    はじめまして,いつも読ませてもらっています.
    vista以降ならjunctionを使わずとも,OS標準のmklinkでシンボリックリンクができますよ.

  2. aa より:

    BUFFALO RAMDISK ユーティリティーではfat32のRAMDISKのみ対応のようで
    junctionは使用できませんでした。

    他のNTFSが使用できるRAMDISKソフトが必要ですね

  3. 上の人へ より:

    自分はバッファローのRAMディスクユーティリティで普通にできましたよ。RAMディスクのフォーマット形式のせいでjunctionが使用できないことはないと思うのですが、コマンドプロンプトの入力ミスではないでしょうか。

  4. aa より:

    >上の人へ さん

    すみません。そのとおりでした。お騒がせ致しましました。
    ジャンクションポイントを作る側 (Cドライブ)はNTFSじゃないといけないそうですが
    ジャンクション先(RAM DISK)はFATでも問題ありませんでした。

  5. ピート より:

    10の工程まで完了しましたが、Chromeを起動してみるとブックマークも無くキャッシュもHDD側で処理されてました。何度やってもできません。OSは7です。

  6. より:

    >ピート

    私も最初は、説明通りやったつもりでもうまくいきませんでしたが、原因はコマンドプロンプト入力時の文字コードの引っかかりによるものでした。

    そこで、キーボードできちんと手打ちしてやり直したら、うまくいきました。このサイトの解説自体は間違っていないので、ミスのないように注意を払ってやればできるはずです。

  7. grmon より:

    説明通りやって10工程まで進んだのですが、No matching files were found. とでてきてうまくいきません。
    これも打ち間違いによるものなんでしょうか?

  8. kakeru より:

    アンインストールはどうすればできますか?

     失敗して右クリックが使えなくなってしまったのですか・・・

  9. アルP(@_@) より:

    メモリ6G積んでますが、OSがXP32bitを使ってて全て使用できていないので、やってみました。爆速ですね(@_@)
    すばらしい(o^^o)

    BufferoのRamdiskはBufferoのメモリを使用していないと、管理外メモリにRamdiskを作れなかったので、フリーソフトのVSuiteRamdisk(日本語化版)を使用しました。

    >grmon さん
    かなり亀ですが…(^_^;
    junction ”フォルダ1″ “フォルダ2″
    “と”の間にスペース必要です。いかがでしょうか?

  10. windows7 より:

    こちらの記事を参考にさせていただきましたが、一つ確認させてください。手順5~6の書いてるとおりに工程を踏むと、PC再起動時にGoogle Chromeが使えなくなるのではないでしょうか?

    RAMディスクは再起動時に中身がリセットされ、一時的に保存されたデータはなくなるはずです。そんな状態のRAMにGoogle Chromeのフォルダを置いてしまうと、そのまま消えてしまい、元フォルダも6の工程で消してしまってるので、再起動後にはGoogle ChromeがWindowsから消えている事になります。

    実際、上記の方法で試し、コマンドプロンプトで何のエラーも無く、作業を完了させ、再起動してみたところ、案の定Google Chromeが起動しなくなっていました。幸いバックアップを取っておいたので、復帰はできましたが、これは何かやり方が違うのでしょうか?

    Windows7 32bit Ultimate 4.0GBメモリーで768MBをRAMにしてます。

  11. 通りすがり より:

    上の人へ

    >これは何かやり方が違うのでしょうか?

    やり方が違う。記事をきちんと読めば書いてあるが、バッファローのRAMディスクユーティリティを使え。これならPCの電源を落とす前にRAMディスクのデータをHDDに退避して再起動の際に復元してくれる。

    質問する前に記事をよく読め。この記事はバッファローのRAMディスクユーティリティを使うことを前提に書かれているtipsだ。

  12. けい より:

    GoogleChromeをRAMディスクにインストールすると起動とシャットダウンのスピードが遅くなるので、HDDに再インストールしようと思い、RAMディスク側から一旦GoogleChromeのフォルダを消したのですが、再インストールするとGoogleChromeインストーラーがエラー11を表示してインストール出来ません。
     HDDにインストールし直したい時は何かやることはあるのですか?

  13. 謎の より:

    上記参考に 再インスコ(HDD) やり方
    C:¥直下に、junctionが 置いてある状態で
    junction -d “上記で入力したやつ”
    でリンクの削除? すると、普通に再インストールできるはずですよ~
    詳しくはjunction落としたページにも、説明あるかと~

  14. 誰か より:

    ChromeではなくChromiumでのやり方も教えて欲しいです…
    Ironェ

  15. まっと より:

    BuffaloのRAMディスクユーティリティを使うときにIEのキャッシュとして使うとチェックを入れた時に、Google Chromeでは正常に作動しますか?
    初心者ですみません。
    よろしくお願いします。

  16. nanashi より:

    >>14
    Chromiumのパスを調べて、それを記事中のコマンドに当てはめるだけではないでしょうか

    >>15
    ユーティリティで割り当てた容量しだいだと思います

    この記事をみて試したところ確かに高速化して嬉しい限りですが、OSの強制終了などでRAMの中身がうまくバックアップされなかった時ファイルが破損してChromeが動かなくなることがあります。Chrome 高速化と検索してここに来られる方は多いでしょうし、コメントを見ているとやり方を間違って失敗している人が見受けられます。手順の中でそのことへのバックアップの必要性などを追記されてはいかがでしょうか

  17. Kankurou より:

    上記の手順でjunction成功し正常にRamDiskから起動しました。
    そして再起動してもRamDiskの内容が消えないように保存。
    そして再起動するとGoogleChromeが起動しません。
    RamDiskの中を確認するときちんとファイテルは残っています。
    またタスクバーやプログラムメニューにあるGoogleChromeのアイコン(ファビコン?)も表示されません。
    再起動でjunctionのリンク?だけリセットされた感じでしょうか?

    どうしたらjunctionの設定を再起動後も維持できますでしょうか?
    ちなみに再起動するまでは問題なく起動します。

    OS windows7 ホームプレミアム 64ビット
    RamDiskソフト Dataram RAMDisk

  18. Kankurou より:

    17です。
    エラー出ず正常に起動できRAMDISKの内容も再起動後に維持できていて
    それでも再起動後は起動できませんでしたが3回くらい0からやり直ししてたら
    無事再起動後も起動するようになりました。
    お騒がせしました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ