Google Chromeのメモリ節約におすすめな拡張機能まとめ

Google Chrome メモリ節約

Google Chromeはサクサク動作する高速で軽量なウェブブラウザですが、その代わりに動作を安定させるため非常に多くのメモリを使用します。メモリを数ギガバイト以上も搭載しているハイスペックなPCならば特に困ることもありませんが、なかなかそうも行かない人も多いはず。

というわけで今回は、そんな人にオススメの、Google Chromeでメモリを節約して使うのに便利な拡張機能の紹介です。知っておくと案外役に立つことが多いので、非力なマシンのメモリ不足に悩まされている人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


TooManyTabs for Chrome

TooManyTabs

現在開いているタブをサムネイルで表示できるものですが、この拡張機能の最大の特徴は、開いているタブをサスペンドボックスに入れることによってメモリを開放することができる点です。サスペンドされたタブはURLだけ保存して読み込みを停止してくれるため、ブラウザの表示領域とメモリ使用量を節約することができます。


TabMemFree

TabMemFree

一定時間使っていないタブの読み込みを停止してメモリを解放してくれる拡張機能。タブにアクセスすると再度ページを読み込んでくれます。開きっ放しのタブはウェブページを読み込ませたままにしておくとメモリを無駄に消費するので、後で見るタブを開いたままにしておいて他の作業をしていることが多い人は本拡張機能を試してみては?


Unload

Unload

同じく、使っていないタブの読み込みを停止してメモリを解放してくれる拡張機能。上の「TabMemFree」は自動で読み込みを停止してくれるのに対して、こちらは手動で停止します。読み込みを停止したタブはフォームの入力など作業内容が失われてしまうので、自動停止されては困る作業をすることが多い人にはこちらが良さそうです。


Context

Context

使用する拡張機能をブラウジング目的ごとにグループ分けし、状況によって有効にする拡張機能をまとめて切り替えることができる拡張機能です。設定したもの以外の拡張機能を無効化することができるので、メモリ消費量を最小限に抑えられます。たくさんの拡張機能をインストールしたいけどメモリが足りない、という人にオススメです。


CleanNewTab

CleanNewTab

「新しいタブ」を白紙ページにしてくれる拡張機能。Google Chromeの新規タブには、よくアクセスするページやウェブアプリケーションなどが表示されるので、その分メモリを消費します。本拡張機能をインストールしておけば何も表示されなくなるので、メモリ使用量を半分程度に抑えられます。


Quick Start

Quick Start

ワンクリックで使用中の全ての拡張機能を無効・有効に切り替えられる拡張機能。タブを多く開きすぎてメモリ不足でGoogle Chromeがフリーズしたような状態になったときは、これを使って拡張機能をいったん全て無効にすればかなりの空きメモリを確保できます。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 5 月 26 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Google Chrome ブラウザ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ