Chromeにマウスジェスチャーなど様々な便利機能を追加した「ChromePlus」

ChromePlus

ChromePlus

「ChromePlus」は、ウェブブラウザGoogle ChromeにマウスジェスチャーやIEエンジンへの切り替えなど、いくつかの便利な機能を追加した、Google Chromeのカスタマイズ版ブラウザです。Google Chromeは、動作やウェブページ表示の高速性に加えて、シンプルで使いやすいインターフェースを特徴としているブラウザですが、あまりにもシンプルすぎてマウスジェスチャーなどの必要な機能が搭載されていないために、物足りなさを感じている人も多いはず。

Google Chromeの高い性能はそのままに、今まで搭載されていなかった機能を付け足して、さらに使いやすく強化されているのがこの「ChromePlus」というブラウザです。主な違いは、アイコンが独自のものに変更されていることや、マウスジェスチャー、ダブルクリックでタブを閉じる機能の搭載、ドラッグ機能の強化など、使い勝手に関連するものに加えて、IEエンジンへの切り替えや、「Orbit Downloader」などの各種ダウンローダーを右クリックメニューに統合する機能も備えています。


ChromePlusにはこんな便利な機能が追加されています

1、マウスジェスチャー(Mouse gesture)
マウスジェスチャー

今までにも、「かざぐるマウス」などのマウス操作拡張ツールを使用することでGoogle Chrome上でマウスジェスチャーを使用することはできましたが、「ChromePlus」はこの機能がデフォルトで搭載されているのが嬉しいところですね。これで、マウスジェスチャーを使用するためにわざわざ専用ツールを起動する必要がなくなります。

惜しいのは、あらかじめ登録された7種類しか利用できず、自分の使い勝手にあわせて自由にカスタマイズできないところですが、戻る・進む、タブの切り替えなど頻繁に使われるものはしっかりと網羅されているので、それほど不自由はないはずです。

※追記:v1.2.4.0より、マウスジェスチャーのカスタマイズに対応しました。このバージョンアップにより、あらかじめ用意された17個のジェスチャーへ、40種類以上の機能を割り当てることができるようになりました。


2、スーパードラッグ(Super drag)
スーパードラッグ(super drag)

スーパードラッグは、選択テキストを任意の方向へドラッグ&ドロップするだけで、新規タブで選択テキストのGoogle検索結果ページを開くことができるという機能です。ドラッグしたテキストを右クリックメニューから検索エンジンで検索するという機能は、ほとんどのブラウザに搭載されている機能ですが、このスーパードラッグは右クリックメニューを開く必要がない分、使い勝手が良いですね。


3、ダブルクリックでタブを閉じる機能
ダブルクリックでタブを閉じる機能

タブバー上でダブルクリックすると、開いているタブを閉じることができます。・・・それだけ。普通に[閉じる]ボタンを押す方が簡単なような気もしますが、これが便利かどうかは使う人にもよるでしょう。どちらにしても、選択肢が増えることは良いことです。


4、IEエンジンに切り替える機能(IE tab)
IEエンジンに切り替える機能(IE Tab)

「ChromePlus」では、アドレスバー上のアイコンをクリックするだけで簡単にInternet ExplorerとGoogle Chromeの、2つのレンダリングエンジンを切り替えることができます。IEのシェアが急激な勢いで減り続けているにもかかわらず、いまだにIEでしか見られないサイトも少なくありません。そんなときに大活躍する機能であることはもちろん、ブログ運営者などにとっても、自分のページのレイアウトを複数のエンジンを手軽にチェックできる便利な機能です。


5、ダウンロードツールと連携する機能(Download Tools Support)
ダウンロードツールと連携する機能(Download Tools Support)

「ChromePlus」は、日本でも人気が高く有名なダウンローダー「Orbit Downloader」などをはじめとする各種ダウンローダーを、右クリックメニューに統合する機能も備えています。対応するダウンローダーがインストールされていれば、ファイルへのリンクの右クリックメニューから、ダウンローダーを指定してファイルをダウンロードすることが可能になります。

外部ダウンローダーは、ブラウザに標準で搭載されているダウンローダーを使うよりも高速でダウンロードできるなどのメリットがあったり、ブラウザを閉じてしまってもバックグラウンドでダウンロードを続けてくれるので、ウィンドウが邪魔にならなくて便利です。

ほかにも、ChromePlusにはこんなメリットがあります

Portable Chrome

「ChromePlus」では、このようにさまざまな便利な機能が追加されていることに加えて、頻繁に使うユーザー向けのインストーラー版と、USBメモリなどの外部ストレージに入れて持ち運ぶこともできるポータブル版の両方が用意されています。

ポータブル版はインストールする必要がないので、一般のユーザーにとっても気軽に使えるというメリットがあります。Google Chromeをインストールしている人は、「ChromePlus」の一度ポータブル版を試してみて、使いやすそうだったらインストール版をダウンロードし、Google Chromeから乗り換えるのも良いでしょう。

また、今までにもGoogle Chromeのポータブル版であるPortable Chromeがありましたが、これは通常のGoogle Chrome同様、マウスジェスチャーなどの機能はデフォルトでは搭載されていないため、外出先のPCでそれらを使うには「かざぐるマウス」など別途拡張ツールを一緒に持ち運ぶ必要がありました。

一方、「ChromePlus」ではマウスジェスチャーなど様々な機能が標準搭載されているため、別途拡張ツールを持ち運ぶ必要はなく、外出先のPCでも使いやすいというメリットもあります。このような理由から、「ChromePlus」今までポータブル版のGoogle Chromeを使っていた人に特にオススメです。

ほかにも、オフラインでGoogle Readerなどのサービスを利用できる「Google Gears」に対応していることや、「ChromePlus」に保存されたブックマークを異なるパソコン(会社、自宅、ノートパソコンなど)同士で同期することができ、どのパソコンを開いてもいつも同じブックマークを再現する「Bookmark Sync」と呼ばれる画期的な機能が備えられています。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2009 年 9 月 3 日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:Google Chrome ブラウザ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 通りすがり より:

    これはいいですね!
    マウスジェスチャーがはじめから搭載されているのが
    良かったので早速から乗り換えてみました。
    バージョンアップしたらカスタマイズもできるようになって大満足です。

    マウスジェスチャーが使えると確かに持ち運びに便利でいいですね。
    IEのエンジンが使えるのもWebkitの不備を補う機能としてありがたいです。

    でも、使ってみて一番便利だったのが自動的にブックマークを同期できる機能でした。
    別々のPC同士でどこでも全く同じブラウザとして使えるのがいいですね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ