SDカード・USBメモリでも使えるシンプルな無料ファイル復元ソフト「Wise Data Recovery」

Wise Data Recovery

Wise Data Recovery

「Wise Data Recovery」は、間違ってゴミ箱から削除してしまったファイルを簡単に復元できる無料のファイルリカバリーソフト。フォーマットしたハードディスクからの復元や、USBメモリ、SDカードなどの外部メディアからのファイル復元も可能です。

見た目はシンプルなUIながらファイル復元ソフトとして必要な機能は一通り備わっており、スキャンされたファイルの復元できる可能性を4段階で示してくれるほか、ファイルサイズ・ファイル名・更新日時で並び替えたり、ファイル名検索で目的のファイルを絞り込むこともできます。

無料ツールとしてはスキャン速度は比較的高速でファイルの検出性能も良く、PCにインストールして使用する通常版のほかインストール不要なポータブルバージョンも用意されており、必要なファイルを誤って消してしまったときに手軽に復元を行えるのが特徴です。


Wise Data Recovery の使い方

1、上記サイトから「Wise Data Recovery」をダウンロードします。
Wise Data Recovery ダウンロード

2、ダウンロードした「WDRSetup.exe」を起動して「Wise Data Recovery」をインストールします。
WDRSetup.exe

3、「Wise Data Recovery」のインストールを開始します。[Next]をクリック。
Wise Data Recovery

4、「I accept the agreement」にチェックを入れて[Next]をクリック。
Wise Data Recovery

5、[Next]をクリック。
Wise Data Recovery

6、インストールフォルダを選択して[Next]をクリック。
Wise Data Recovery

7、[Next]をクリック。スタートメニューにショートカットを作りたくない場合は「Don’t create a Start Menu folder」にチェックを入れます。
Wise Data Recovery

8、[Next]をクリック。「Create a desktop icon」にチェックを入れておくとデスクトップにアイコンが作成されます。
Wise Data Recovery

9、[Install]をクリック。
Wise Data Recovery

10、インストール中。
Wise Data Recovery

7、インストールが終了したら[Finish]をクリックしてウィンドウを閉じます。[Download more free software now]のチェックは外しておきましょう。
Wise Data Recovery

8、「Wise Data Recovery」を起動したら、まず復元したいファイルのあるドライブを選択し「Scan」ボタンをクリックします。
Wise Data Recovery

9、スキャン中。
Wise Data Recovery

10、スキャンが終了すると、見つかったファイルの一覧が表示されます。ファイルの状態は復元できる可能性によって4段階に色分けされます。また、上部のバーからファイルサイズ・ファイル名・更新日時等での並び替えが可能です。
Wise Data Recovery

11、見つかったファイルは、検索窓からファイル名やファイルの種類による絞り込みが可能です。
Wise Data Recovery

12、復元したいファイルを見つけたら、チェックを入れて「Recover」ボタンをクリックし、出力先フォルダを指定すると復元が行われます。その際、元のファイルが存在していたドライブとは別のドライブを選択してください。
Wise Data Recovery

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 4 月 29 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ