ゴミ箱やUSBメモリから削除したファイルを復元できるソフト「Undelete 360」

Undelete 360

Undelete 360

「Undelete 360」は、誤ってWindowsのゴミ箱から削除してしまったファイルや、USBメモリ、SDカード等のリムーバブルディスクから削除してしまったファイル、ウイルスに削除されてしまったファイル、フォーマットしたHDDなど、様々な原因で削除されてしまったファイルを元通りに復元できる多機能なファイル復元ソフトです。

復元したいファイルのあるディスクから検出されたファイルを任意のキーワードで絞り込み表示する機能や、ファイルサイズ、更新日時など特定の条件でフィルタする機能などを備えるほか、画像ファイルの場合はファイル名だけでなくプレビューを確認できるなど、目的のファイルを見つけるための機能が豊富に搭載されているのが特徴です。

またファイルの損傷状態を5段階で示してくれるため復元できるかどうかを一目で判断でき効率よく復元作業をすすめられるほか、インストール不要でUSBメモリなどからも起動可能なポータブル版も用意されており、多機能な割に手軽に扱えるのも特徴。サブ機能としてファイルを一切復元できないよう完全削除する機能も備えています。


Undelete 360 の使い方

1、上記サイトから「Undelete 360」をダウンロードします。
Undelete 360 ダウンロード

2、ダウンロードした「undelete-360-setup.exe」を起動して「Undelete 360」をインストールします。

3、「Undelete 360」のインストールを開始します。[Next]をクリック。
Undelete 360

4、インストールフォルダを選択して[Next]をクリック。
Undelete 360

5、[Next]をクリック。
Undelete 360

6、[Install]をクリック。
Undelete 360

7、インストールが終了したら、[Launch Undelete 360]にチェックを入れて[Finish]をクリックすると「Undelete 360」が起動します。他の2つのチェックは必要ないので外しておきます。
Undelete 360

8、「Undelete 360」のウィンドウが開いたら、初期状態ではメニューなどが英語になっているので、[Tools] – [Change Language]から日本語を選択すると日本語表示になります。
Undelete 360

9、左上の「検索」ボタンをクリックします。
Undelete 360

10、以下のウィンドウが開いたら、復元したいファイルのあるドライブにチェックを入れて「開始」ボタンをクリックするとスキャンが始まります。
Undelete 360

11、スキャンが終了すると復元できる可能性のあるファイルが一覧表示されます。「フィルタ」ボタンやキーワードなどから見つけたいファイルの条件を絞って検索し、目的のファイルが見つかったらチェックを入れ「復元」ボタンをクリック。
Undelete 360

12、ファイルの復元先フォルダを選択して「開始」ボタンをクリックします。この際、復元もとのドライブとは別のドライブのフォルダを選択すると復元成功率が高くなります。
Undelete 360

13、ファイルの復元が終了したら「閉じる」ボタンをクリック。
Undelete 360

なお、復元が成功してもファイルが壊れている可能性もあり、必ずしも完全な状態で復元できるわけではないので注意が必要です。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2011 年 12 月 7 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ