ゴミ箱から削除したファイル復活やUSBメモリ・SDカード対応のファイル復元ソフト「Recover Files」

Recover Files

Recover Files

「Recover Files」は、ゴミ箱から削除したファイルをファイル名や拡張子、ファイルサイズ、更新日時などからフィルタリングしたり、ファイルの破損状態を確認しながら削除したファイルを検出・復元できるファイル復元ソフトです。NTFS/FAT系の全てのファイルシステムからの復元に対応。

シェアウェアですが体験版が利用可能で、ファイルサイズが25KB以上のファイルを復元できないという制限がありますが、インストールから30日間は無料で使用することができ、通常のインストール版のほかインストールせずにUSBメモリなどに入れて使えるポータブル版も利用可能です。

もともとは有料ソフトのためファイルの検出率や復元率は比較的高く、文書や画像ファイルなどサイズの小さいファイルの復元には最適。PCに内蔵されたHDDのほか、USBメモリやSDカード、外付けHDDなど外部ディスクからのファイル復元も可能となっています。

Recover Files の使い方

1、上記サイトから「Recover Files」をダウンロードします。
Recover Files ダウンロード

2、ダウンロードした「recover_files_setup.exe」を起動して「Recover Files」をインストールします。
recover_files_setup.exe

3、「Recover Files」のインストールを開始します。[Next]をクリック。
Recover Files

4、[I accept the agreement]にチェックを入れて[Next]をクリック。
Recover Files

5、インストールフォルダを選択して[Next]をクリック。
Recover Files

6、[Next]をクリック。
Recover Files

7、デスクトップにショートカットアイコンを作成したい場合はチェックを入れて[Next]をクリック。
Recover Files

8、[Install]をクリック。
Recover Files

9、インストール中。
Recover Files

10、インストールが終了したら、[Launch Recover Files]にチェックを入れて[Finish]をクリックすると「Recover Files」が起動します。
Recover Files

11、「Recover Files」が開いたら、デフォルトでは英語表示になっているので、右下の言語選択メニューをクリックします。
Recover Files

12、「Japanese」を選択するとメニューが日本語化されます。
Recover Files

13、復元したいファイルのあるドライブにチェックを入れて「解析」ボタンをクリックするとスキャンが開始されます
Recover Files

14、無料体験版では以下のように有料版の購入を促すダイアログが表示されるので、必要ない場合は「No」をクリックしましょう。
Recover Files

15、ドライブから削除済みのファイルを検出中。
Recover Files

16、スキャンが完了すると検出されたファイルがファイルの種類別に一覧表示され、破損状態やファイルサイズなども確認できます。
Recover Files

17、下の欄からファイル名やファイルサイズ、更新日時などの条件からファイルの絞り込みを行えます。絞り込みしたい条件にチェックを入れて必要事項を入力し「設定」をクリックしてください。
Recover Files

18、復元したいファイルが見つかったらチェックを入れて「復活」ボタンをクリック。
Recover Files

19、ここでも有料版の購入を促すダイアログが表示されますが「No」をクリックしましょう。
Recover Files

20、復元ファイルの保存先フォルダを指定します。データの不用意な上書きを避けるため、元のファイルが存在するドライブとは別のドライブを指定するようにしましょう。
Recover Files

21、以下のようなダイアログが表示されたら復元作業が完了です。復元に成功したファイルの数が表示されます。
Recover Files

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 12 月 28 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ