SDカードから削除した写真などのファイルを復元できるフリーソフト「PhotoRec」

PhotoRec

PhotoRec

「PhotoRec」は、SDカードから削除してしまった写真や、Windowsのゴミ箱から削除したファイルなどを復元できるオープンソースのファイル復元ソフトです。ファイル復元ソフトは比較的種類も豊富でどれを使っていいのか迷うこともありますが、中でも本ソフトはかなり高い復元成功率を誇ります。

特徴的な点としては、GUIを持たずファイル復元に必要な操作は全てコマンドで行う必要があることや、特定のファイルだけを指定して復元することができない点が挙げられますが、使い方は非常に簡単なので、他のファイル復元ソフトでうまく復元できなかった場合は本ソフトを試してみると良いでしょう。


PhotoRec の使い方

1、上記サイトから「PhotoRec」をダウンロードします。
PhotoRec ダウンロード

2、ダウンロードしたファイルを解凍してフォルダの中にある「photorec_win.exe」を起動します。

3、上下カーソルキーを使って復元したいファイルがあるドライブを選択します(今回は例としてSDカードから削除したデジカメ写真を復元してみます)。ドライブを選択したら「Proceed」を選んだ状態でEnterキーを押します。
PhotoRec

4、復元したいファイルの入っているパーティションを選びます。パーティションを分割していない場合はそのままで構いません。次に左右カーソルキーで「File Opt」を選んでEnterキーを押します。
PhotoRec

5、復元するためにスキャンするファイルの拡張子一覧が表示されます。「X」が付いている拡張子のファイルは全て復元対象になるので、復元対象から除外したい拡張子がある場合は左右カーソルキーで「X」を外します。取捨選択が済んだら「Quit」を選んでEnterキーを押します。
PhotoRec

6、左右カーソルキーで「Search」を選んでEnterキーを押します。
PhotoRec

7、フォーマットの種類を選択します。FATやNTFSの場合は「Other」を選んでEnterキーを押します(よく分からない場合はWindowsなら「Other」を選んでください)。
PhotoRec

8、空き領域のみをスキャンするか、書き込まれている領域も含めてドライブ全体をスキャンするかを選びます。全領域をスキャンするとファイル復元の確率は上がりますが、時間がかかるので今回は試しに「Free」を選択。
PhotoRec

9、デフォルトでは「PhotoRec」本体のあるディレクトリに新規フォルダが作成され、そこに復元したファイルが書き出されるようになっています。これで問題ない場合はcキーを押します。
PhotoRec

10、復元中。残り時間や復元したファイルの種類とその数が表示されます。途中でEnterキーを押すと復元が中断されます。
PhotoRec

11、復元が終了すると、復元したファイルが書き出されたディレクトリが表示されます。
PhotoRec

12、このフォルダの中にファイルが復元されたようです。
PhotoRec

13、フォルダを開いてみると、SDカードから削除してしまった画像ファイルがきちんと復元されいて、データの欠損もありませんでした。ただし、ファイル名は変更されてしまうので復元されたものの中から手作業で目的のファイルを探す必要があります。
PhotoRec

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 1 月 27 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ