フォーマットしたHDDやゴミ箱から削除したファイルを復元するソフト「Pandora Recovery」

Pandora Recovery

Pandora Recovery

「Pandora Recovery」は、誤ってゴミ箱から削除したファイルやフォーマットしたハードディスクからファイルを復元できるソフト。無料のファイル復元ソフトとしてはかなり強力な機能を備えており、ADS(Alternate Data Streams)と呼ばれる代替データストリームやファイルの暗号化機能であるEFS(Encrypting File System)の復元も可能。

さらには「Browse」「Search」「Surface Scan」という3種類のファイル検索機能を持ち、ファイル名やファイルサイズなどあらゆる条件からフィルタリングが可能なほか、画像やテキストの場合は事前にファイルの内容を確認できるなど、目的のファイルを見つけ出すための機能が非常に充実しているのが特徴です。

特に、本ファイル復元ソフトのファイル検索機能の一つである「Surface Scan」は、他の復元ソフトにはあまり見られない機能で、MFT(マスターファイルテーブル)と呼ばれる、システム上のファイル情報を一元管理する重要なシステムファイルの復元、アロケーション・テーブルが壊れてしまったファイルなど、深刻な破損のあるファイルの復元も可能となっています。


Pandora Recovery の使い方

1、上記サイトから「Pandora Recovery」をダウンロードします。

2、ダウンロードした「PandoraRecovery.exe」を起動して「Pandora Recovery」をインストールします。

3、「Pandora Recovery」のインストールを開始します。「English」を選択して[OK]をクリック。
Pandora Recovery

4、[Next]をクリック。
Pandora Recovery

5、[I agree]をクリック。
Pandora Recovery

6、インストールフォルダを選択して[Next]をクリック。
Pandora Recovery

7、Ask.comのツールバーのインストールおよびAsk.comをホームページに設定したくない場合は、チェックを外して[Next]をクリック。
Pandora Recovery

8、インストール中。
Pandora Recovery

9、インストールが終了したら、[Run Pandora Recovery]にチェックを入れて[Finish]をクリックすると「Pandora Recovery」が起動します。
Pandora Recovery

10、初回起動時は次のようなウィザード画面が表示されるので、チェックを外して「Exit Wizard」をクリックしウィンドウを閉じます。
Pandora Recovery

11、左側のリストから復元したいファイルのあるドライブをクリックします。
Pandora Recovery

12、選択したドライブ内のファイルがスキャンされます。
Pandora Recovery

13、スキャンが終了すると、以下のように検出されたファイルの一覧が表示されます。ファイル名が黒字になっているのが復元可能なファイルで、赤字になっているものは一部または全部のデータが別ファイルによって上書きされているため復元が不可能なファイルになります。
Pandora Recovery

14、復元したいファイルが見つかったら右クリックして「Recover to」を選びます。
Pandora Recovery

15、以下のようなウィンドウが表示されたら「Browse」をクリックして復元するファイルの保存先フォルダを指定し「Recover Now」をクリック。
Pandora Recovery

16、復元中。
Pandora Recovery

17、復元が終了したら「Show recovered files in Explorer when this window is closed.」にチェックを入れて「Close」をクリックしダイアログを閉じると、復元されたファイルのあるフォルダが表示されます。
Pandora Recovery

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 6 月 23 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ