Chromeの旧バージョンのファイルを削除してHDD容量を節約する「OldChromeRemover」

OldChromeRemover

OldChromeRemover

「OldChromeRemover」は、Google Chromeのアップデート後に残った古いファイルを削除してハードディスク容量を節約してくれるソフトです。Google Chromeは仕様として、自動アップデートが行われる際に一つ前のバージョンのファイルをバックアップのため残すようになっています。

これらのファイルはユーザーにとって邪魔になるようなものではありませんが、一つのソフトに2つのバージョンが混在するのは何だかすっきりしないという人や、OSをインストールしているドライブがSSDで少しでも容量を節約(計100MB近く)したいという人は試してみてはいかがでしょうか。


OldChromeRemover の使い方

1、上記サイトから「OldChromeRemover」をダウンロードします。

2、ダウンロードしたファイルを実行して「OldChromeRemover」を起動します(「.NET Framework 3.5」 のインストールが必要です)。

3、Yキーを押すとファイル削除が実行されます。
OldChromeRemover

4、以下のような画面が表示されたら古いバージョンのChromeファイル削除完了です。
OldChromeRemover

5、クリーンアップ前。
OldChromeRemover

6、クリーンアップ後。確かに「old_chrome.exe」と古いバージョン名のフォルダが消えています。
OldChromeRemover

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ