音楽をドラッグ&ドロップでLAMEを使ってMP3へ変換できるソフト「LameDropXPd」

LameDropXPd

LameDropXPd

「LameDropXPd」は、音楽ファイルをドラッグ&ドロップするだけの簡単な操作でLAMEエンコーダーを使ってMP3ファイルへ変換できるソフトです。LAMEエンコーダーを内蔵しているためLAME本体を別途用意する必要はなく、実行ファイル単体のみで動作し、WAV、FLAC、Ogg形式の音声ファイルからの変換に対応しています。

LAMEとはオープンソースで開発されているMP3変換ソフト(エンコーダー)の一つで、現在あるMP3エンコーダーの中では最も高い品質を実現していることで知られおり、iTunesなどに内蔵されているMP3エンコーダーよりも高音質なMP3ファイルの作成が可能と言われています。

LAMEは本来はコマンドベースで動作するソフトなので、LAME単体で使用するにはコマンドプロンプトからのコマンド実行を必要としますが、本ソフトを使用すれば、そのようなややこしい操作は一切なしに、音楽ファイルをドラッグ&ドロップするだけでLAMEエンコーダーを利用して高音質なMP3の作成が可能です。


LameDropXPd の使い方

1、上記サイトから「LameDropXPd」をダウンロードします。
LameDropXPd  ダウンロード

2、ダウンロードしたファイルを解凍して「LameDropXPd」を起動します。

3、「LameDropXPd」のウィンドウに変換したい音楽ファイルをドラッグ&ドロップするとMP3に変換してくれます。
LameDropXPd

4、右クリックから開くメニュー言語は初期設定では英語表記になっています。このままでも特に問題はありませんが、日本語化したい場合は日本語化工房 – LameDropXPdにて日本語化パッチが配布されています。
LameDropXPd

4、ダウンロードした日本語化パッチを「lamedropXPd3.exe」と同じフォルダ内にいれて実行します。
LameDropXPd

5、「LameDropXPd」を再起動すると日本語化されます。
LameDropXPd

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 3 月 28 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:MP3・音楽 ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ