ゴミ箱やUSBメモリから削除したファイルを復元する無料ソフト「Kickass Undelete」

Kickass Undelete

Kickass Undelete

「Kickass Undelete」は、ゴミ箱から削除したファイルを復元できるソフトです。大切なファイルを間違って消してしまった、そんな経験は誰にでもあるはず。削除した直後なら、本ソフトを使えば元通りに復元できるかもしれません。

ゴミ箱から削除したファイルはデータ自体が消失したわけではなく、ハードディスク上のWindowsの管理領域から除外されただけなので、徐々に他のデータで上書きされていき復元確率が下がりますが、削除した直後なら大抵のファイルは復元が可能です。

対応するドライブのフォーマットはNTFSとFATをサポートしており、ハードディスクのほかUSBメモリやSDカードからのファイル復元にも対応しています。インストール不要なので、他のファイル復元ソフトと合わせて試してみると良いでしょう。

Kickass Undelete の使い方

1、上記サイトから「Kickass Undelete」をダウンロードします。

2、ダウンロードしたファイルを実行して「Kickass Undelete」を起動します。
KickassUndelete.exe

3、復元したいファイルのあるドライブを選択して「Scan」ボタンをクリック。
Kickass Undelete

4、スキャンが終了すると復元可能な画像や動画、音楽、書類などのファイルが表示されます。
Kickass Undelete

5、上記以外の種類のファイル(システムファイル類)を探したい場合は「Show system files and unknown files types」にチェックを入れます。
Kickass Undelete

6、ファイル名や拡張子で目的のファイルを検索したい場合は、検索窓にファイル名等を入力します。
Kickass Undelete

7、目的のファイルが見つかったら、チェックを入れて「Restore Files…」ボタンをクリックし復元先のフォルダを指定すると、ファイルの復元が行われます。
Kickass Undelete

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 9 月 25 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ