インターネット履歴やゴミ箱から削除したファイルを完全削除するソフト「Disk FreeSpace Cleaner」

Disk FreeSpace Cleaner

Disk FreeSpace Cleaner

「Disk FreeSpace Cleaner」は、ブラウザのインターネット履歴や一時ファイル、Cookie、ゴミ箱から削除したファイルなど個人情報を含む各種不要ファイルを削除後、ディスクの空き領域にデータを書き込むことで復元を困難にし、他人に閲覧されることのないよう完全消去することができるソフトです。

ハードディスクの空き領域全てにデータを複数回オーバーライトする仕組みのため、作業に時間がかかりますが残り時間や終了予定時刻を表示してくれるため進捗状況がわかりやすく、時間がないときにはランダムデータの1回書き込みによるデータ消去も可能です(その分データ抹消の確実性は落ちますが)。

なおディスクの空き容量が大きい場合はデータ完全消去作業に非常に長時間必要になるので、使用の際は「完了後、Windowsを終了する」にチェックを入れておいて、就寝中など時間のあるときに実行し、終わったら自動的にPCがシャットダウンするようにしておくと良いでしょう。

Disk FreeSpace Cleaner の使い方

1、上記サイトから「Disk FreeSpace Cleaner」をダウンロードします。

2、ダウンロードしたファイルを解凍して「Disk FreeSpace Cleaner」を起動します。
DKFSCLN_Setup.exe

3、「Disk FreeSpace Cleaner」のインストールを開始します。[次へ]をクリック。
Disk FreeSpace Cleaner

4、インストールフォルダを選択して[次へ]をクリック。
Disk FreeSpace Cleaner

5、[次へ]をクリック。
Disk FreeSpace Cleaner

6、デスクトップにショートカットアイコンを作成したい場合はチェックを入れて[次へ]をクリック。
Disk FreeSpace Cleaner

7、[インストール]をクリック。
Disk FreeSpace Cleaner

8、インストール中。
Disk FreeSpace Cleaner

9、インストールが終了したら、[Disk FreeSpace Cleaner を実行する]にチェックを入れて[完了]をクリックすると「Disk FreeSpace Cleaner」が起動します。
Disk FreeSpace Cleaner

10、「Disk FreeSpace Cleaner」が開いたら、上部のメニューから「ツール」ボタンをクリック。
Disk FreeSpace Cleaner

11、インターネットオプションやごみ箱から先に各種不要なファイルやデータを削除しておきましょう。
Disk FreeSpace Cleaner

12、ハードディスクの空き領域を完全消去したいドライブを選択し、書き込み方法を指定して「開始」をクリック。
Disk FreeSpace Cleaner

13、以下のようなダイアログが表示されたら「はい」すると空き容量の完全消去が開始されます。
Disk FreeSpace Cleaner

14、ハードディスクの空き容量を完全消去中。
Disk FreeSpace Cleaner

15、以下のように表示されたらハードディスクの空き容量の完全消去が完了です。
Disk FreeSpace Cleaner

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 12 月 27 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ