iPhone/iPad/iPod向けに超簡単に動画を変換できるソフト「Apple Video Converter Box」

Apple Video Converter Box

Apple Video Converter Box

「Apple Video Converter Box」は、iPhone、iPad、iPodなどApple社製のデバイス向けに動画形式を簡単に変換できるソフトです。画質や解像度などのややこしい設定項目は一切なく、変換したい動画をリストに追加してデバイス別の変換ボタンをクリックするだけというシンプルな操作性が特徴。

iPod (classic/nano)、iPod (1/2/3G/5/6/6.5)、iPod Touch (1/2/3/4G)、iPhone (1/2/3/GS, 4/4S)、iPad (1/2)といった過去に発売されたほとんどの機種に対応しており、それぞれに最適な解像度に自動で変換してくれるため、動画変換ソフトの取り扱いが苦手な人にもオススメです。


Apple Video Converter Box の使い方

1、上記サイトから「Apple Video Converter Box」をダウンロードします。

2、ダウンロードした「apple-video-converter-box-setup.exe」を起動して「Apple Video Converter Box」をインストールします。
apple video converter box setup.exe

3、「Apple Video Converter Box」のインストールを開始します。[Next]をクリック。
Apple Video Converter Box

4、[I Agree]をクリック。
Apple Video Converter Box

5、インストールフォルダを選択して[Install]をクリック。
Apple Video Converter Box

6、インストール中。
Apple Video Converter Box

7、インストールが終了したら、[Run Apple Video Converter Box]にチェックを入れて[Finish]をクリックすると「Apple Video Converter Box」が起動します。
Apple Video Converter Box

8、変換したい動画ファイルをドラッグ&ドロップでリストに追加します。
Apple Video Converter Box

9、歯車のボタンから変換後の動画の出力先フォルダを設定できます。
Apple Video Converter Box

10、動画を再生したいデバイスを選択し、ボタンをクリックすると変換が開始されます(リストに追加した動画が一括して変換されます)。
Apple Video Converter Box

11、変換中。「Open Folder with Converted Files」をクリックすると変換後の動画ファイルの出力先フォルダが開きます。
Apple Video Converter Box

12、変換が終了したら「Done」をクリック。
Apple Video Converter Box

変換後の動画ファイルはiTunesなどにドラッグ&ドロップで登録して、iPhone、iPad、iPodと同期してやればOK。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ