FLV動画を無劣化でMP4に変換する方法

FLVをMP4に無劣化で変換

今回紹介するのは、YouTubeからダウンロードしたFLV形式の動画ファイル(H.264+AAC)を画質・音声とも無劣化でMP4形式に変換する方法です。FLV形式の動画は、そのままではWindows Media PlayerやiPhone、PSPなどでも再生できないのでMP4変換しておくと便利。

FLVやMP4という形式のファイルはコンテナフォーマットと呼ばれ、見た目は1つのファイルになっていますが、実際の中身は「動画ファイル+音声ファイル」という構造になっていて、FLVやMP4とはこれらを1つのファイルとしてまとめている「コンテナ=箱」でしかありません。

つまりFLV形式ファイルの中身の動画部分・音声部分とも再エンコードせずにコンテナだけをMP4形式に入れ替えることができれば、無劣化でMP4に変換することができるというわけ。今回、FFmpegというソフトを使ったそのやり方を紹介したいと思います。

ただし、一口にFLVといっても色々な種類があって、コンテナの中身がH.264+AACでないとこの方法でうまく変換することはできませんが、YouTubeからダウンロードしたFLV動画なら基本的にこの方法で無劣化のままMP4に変換後、問題なく再生できるはずです。

FFmpegを使ってFLVをMP4に無劣化で変換する方法

1、こちらのサイトから「FFmpeg」のWindows用バイナリ(ffmpeg.exe)をダウンロードしてください。
ffmpeg.exe ダウンロード

2、ダウンロードしたファイルを解凍して、中にある「ffmpeg.exe」を変換したいFLVファイルと同じフォルダに入れます。
ffmpeg

3、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択(または[Windows]キーと[R]キーを同時に押す)し、「cmd」と入力して「OK」をクリックし、コマンドプロンプトを開きます。
ファイル名を指定して実行

4、以下のようにコマンドプロンプトのウィンドウが起動します。
FFmpeg

5、半角の小文字で「cd」と入力した後にスペースを押します。
FFmpeg

6、先ほど「ffmpeg.exe」とFLVファイルを入れたフォルダを、コマンドプロンプトのウィンドウにドラッグ&ドロップします。
FFmpeg

7、すると以下のようにドラッグ&ドロップしたフォルダのディレクトリが表示されるので、ここでEnterキーを押します。
FFmpeg

8、先ほどドラッグ&ドロップしたフォルダに作業ディレクトリが移動します。
FFmpeg

9、そのまま「ffmpeg -i 入力ファイル名.flv -vcodec copy -acodec copy 出力ファイル名.mp4」と手打ち入力しEnterキーを押します。
ffmpeg

10、FLVからMP4へのコンテナ変換が開始されます。
ffmpeg

11、コマンドラインが停止したら変換が終了です。
ffmpeg

12、先ほどのフォルダの中に、変換されたMP4ファイルが生成されているので、問題なく再生できるか確認してみてください。
ffmpeg

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 10 月 28 日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:Tips

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. nao より:

    コマンドライン上だと、この方法で良いと思いますが、GUI上で変換した方が良ければavidemuxを使ってビデオコピー、オーディオコピーで同じようにmp4が生成できます。
    ちなみにavidemuxはffmpegのフロントエンドなので出力されるファイルは上記記事と全く同じものです。参考までに。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ