FFmpegを使ってFLV動画をMP4に変換する方法

FLVをMP4に変換

YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトからダウンロードした動画ファイルはFLV形式であることが多いですが、これをWMP(Windows Media Player)やiPhoneなどの携帯デバイスで再生したいときにはMP4に変換してやると便利です。

FLVをMP4に変換するためのフリーソフトは多数ありますが、サクッと変換したいときには「FFmpeg」を使ってみると良いでしょう。コマンドでの操作になるため少し慣れが必要ですが、使い方は簡単で動画変換ソフトとして用途が非常に幅広いのでおすすめです。


FFmpegを使ってFLV動画をMP4変換する方法

1、こちらのサイトから「FFmpeg」のWindows用バイナリをダウンロードします。
ffmpeg.exe ダウンロード

2、ダウンロードしたファイルを解凍して、中にある「ffmpeg.exe」を変換したいFLVファイルと同じフォルダに入れます。
ffmpeg

3、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択(または[Windows]キーと[R]キーを同時に押す)し、「cmd」と入力して「OK」をクリックし、コマンドプロンプトを開きます。
ファイル名を指定して実行

4、以下のようにコマンドプロンプトのウィンドウが起動します。
FFmpeg

5、半角の小文字で「cd」と入力した後にスペースを押します。
FFmpeg

6、先ほど「ffmpeg.exe」とFLVファイルを入れたフォルダを、コマンドプロンプトのウィンドウにドラッグ&ドロップします。
FFmpeg

7、すると以下のようにドラッグ&ドロップしたフォルダのディレクトリが表示されるので、ここでEnterキーを押します。
FFmpeg

8、先ほどドラッグ&ドロップしたフォルダに作業ディレクトリが移動します。
FFmpeg

9、そのまま「ffmpeg -i 入力ファイル名.flv 出力ファイル名.mp4」と手打ち入力しEnterキーを押します(半角スペースを忘れないよう注意)。
ffmpeg

10、FLV動画からMP4への変換が開始されます。
ffmpeg

11、コマンドラインが停止したら変換が終了です。
ffmpeg

12、先ほどのフォルダの中に、変換されたMP4ファイルが生成されているので、問題なく再生できるか確認してみてください。
ffmpeg

同様の手順で逆にMP4からFLVに変換したり、AVIやWMVなどその他のフォーマットの動画ファイルも変換することができます。ビットレートを設定したい場合には「ffmpeg -i 入力ファイル名.flv -ab 128k 出力ファイル名.mp4」などと入力すればOKです。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

2012 年 8 月 17 日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:Tips

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ