ウォークマンのBluetoothトランスミッター「WLA-NWB1」レビュー!

WLA-NWB1

今回は、ウォークマン専用のBluetoothトランスミッター「WLA-NWB1」を買ってみました。最近では、携帯電話等にはBluetoothを内蔵したものが多くなってきていますが、iPodやウォークマンをはじめとするポータブル音楽プレーヤーでは、まだまだBluetoothを内蔵した製品は少ないので、このような外付けのアダプターとして使えるトランスミッターもなかなか人気が高いようです。

ところで、当方はすでにBluetoothを内蔵している機種のウォークマンを一台所有しているので、Bluetoothのトランスミッターが特段ほしかったというわけではなかったのですが、たまたま立ち寄った近所の家電量販店で、6000円~7000円台が相場の本機が3000円台で投げ売りされているのを偶然見かけたので、ネタとしての意味も含めてとりあえず一つ買ってみました。というわけで、早速レビューしていきます。


WLA-NWB1

ウォークマンの純正オプション品ということで、パッケージはこんな感じ。写真を見て分かるように、Bluetoothトランスミッター本体の大きさに対してパッケージが無駄に大きく、鞄に入れて持って帰るのに非常にかさばりました。また、パッケージから本体を取り出すのが非常に難しく、指先を痛めてしまいました。もう少し気の利いた仕様にしてほしいところ。

WLA-NWB1

箱から取り出してみたところ。本機はWM-PORTに接続して使用する専用タイプのため、プラグ接続の汎用型とちがって別途電池などを用意する必要がない(電源はウォークマン本体から供給されます)ことや、再生・停止、早送り、巻き戻しなどほとんどの操作を受信機からリモコン操作できるのが嬉しいですね。

ただし、iPodなどウォークマン以外のポータブルオーディオは当然ですが、ウォークマンでもWM-PORTを搭載していない機種では使用することができないので注意が必要です。また、写真ではわかりにくいですが、メタリックな青のラメが入っていて、つや消しの安っぽいプラスチックのわりには少し高級感があります。

WLA-NWB1

裏面はこんな感じ。MODE 1、2を切り替えるスイッチがついていますが、これは音質を優先するか接続の安定性を優先するかどうかを切り替えるためのもののようです。実際に使用中にスイッチを切り替えてみても、違いはよく分かりませんでした。

WLA-NWB1

大きさは500円玉くらいです。手元になかったので100円玉で比較。また厚さは7ミリくらい、重さは5gとコンパクトなので持ち運びには便利です。Bluetoothを頻繁に使う人はウォークマンに常時接続しておいてもいいかもしれませんね。

WLA-NWB1

実際にウォークマンに接続してみたところ。ウォークマンに接続すると、ウォークマンとトランスミッター両方の電源が自動的に入るようになっており、使用中は青のLEDランプが良い感じに点滅します。真ん中のボタンを長押しすると、トランスミッターだけの電源を切ることも可能。ただし、ウォークマンの電源を切ってもトランスミッターの電源も同時に自動で落ちるわけではなく、トランスミッターのLEDランプは点滅したままなので、そのまま放っておくと電池を無駄に消費されてしまうので注意が必要です。

このような仕様になっているのはおそらく、鞄の中など手の届かないところに入れている場合でも、受信機からのリモコン操作だけでウォークマンの電源を入れられるように設計されているためだと思われます。これはこれで便利な仕様ですが、そのまま放っておくとウォークマンの電池が消費されてしまうため、使用後にはウォークマンの電源とは別にトランスミッターの電源も切らなければならないので少し面倒です。

WLA-NWB1

受信機とのペアリングはとても簡単です。接続もそれなりに安定していて、通信状態が良くないときは音が途切れることがありますが、ほかのBluetoothオーディオ製品と比べると悪い方ではないと思います。音質も悪くなく、MP3などの圧縮音源ならば普通にコードをつなげて聴いているときと比べて違いが分かるほどの音質劣化はありませんでした。

問題は電池の消費量が大きいことで、写真に写っているウォークマンは約50時間連続再生ができる機種ですが、このトランスミッターの使用時は連続10時間再生もできないほど電池を消費します。また、Bluetoothオーディオでは基本的に受信機側で音量の設定をするため、トランスミッター使用時はウォークマン本体で音量を変更することはできません。

最終的な評価としては、電池の消費が大きいことを除けば、なかなか使いやすく良い製品です。このほかにも、ウォークマンとiPod両方で使用できるBluetoothトランスミッターもあるようなので、もし購入を検討しているならそちらも考えてみてもいいかもしれません。ポータブルオーディオでBluetoothの快適な無線リスニングを楽しみたい人はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ライト より:

    以前、これ持ってたんですけど、
    ウォークマンをジーパンのポケットに入れていて、
    その日雨で滑ってしまい、壊しちゃいましたw

    それでウォークマンのドック部分もおかしくなるという始末。

    今は新しく、NW-X1000を買っていますが、
    WLA-NWB1は怖くて使えませんね・・・。

    ただ、PSP Goを買ったので、
    それようにBluetoothイヤホンを買おうかなとは思ってます。

  2. 管理人 より:

    それは大変でしたね。
    言われてみると、ちょっとした衝撃で
    接続部分が壊れてしまいそうです。
    使ってないときは外しておいた方がいいかもしれませんね。

  3. 軍事オタク より:

    最近ではなんにでもBluetoothがついてますよねー。
    確かに便利なのは分かるんですが、なかなか手を出せずにいます。
    ヘッドホンとかもこれを使えば大分変わるんだとは思うんですがねー

  4. 管理人 より:

    そうですね。
    最近では新型のiPod touchにもついてるらしいですしね。
    Bluetoothはお金がかかるのが難点ですが、なかなか便利ですよ。
    部屋でじっくりいい音で音楽を聴きたいときには使いませんけど、
    外出中にコードレスで音楽が聴けるのはありがたいです。

  5. メークボーイ より:

    当方も以前これを持っていました。
    便利でしたが、音量が一定せず上下するというのが玉に傷でしたね。

    S718Fと組み合わせて使っていましたが、今使っている機種にはつけていません。(A829だからそもそも必要ない。買い換えたのはS718FをWLA-NWB1もろとも流失させた為)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ