スマホとタブレットを同時に充電可能な2ポートUSB充電器レビュー!

OWL-ACUS2

というわけで今回はスマートフォンとタブレット(iPhoneとiPadなど)を同時に充電できるオウルテックの2ポートUSB充電器を買ってみました。USB充電器くらい今時誰でも持っているものなのでレビューを書くほどのものでもないですが、せっかくなので。

価格はAmazonで1800円と、普通のスマートフォン用1ポートUSB充電器が数百円と少しで購入できることや、個人的にはすでにiPad純正の充電器を複数持っていることを考えると、決して安いとは言えない値付けです。

なのに今回あえて購入したのは、コンセント周りをスッキリさせたかったという以上の理由はありません。まあ実際にこれでスッキリさせられたかどうかと言うと、ぱっと見では以前とあまり変わらないというか、単に気分の問題ですが…。


OWL-ACUS2

パッケージには一応、公式にiPhone,iPad,iPad mini対応と謳われています。オウルテックはこの手の周辺機器を多く販売しているメーカーで一定の信頼も得ている会社なので、電圧等の公称値に偽りはないと思います。

OWL-ACUS2

このように2.1アンペアと1アンペアのUSB差し込み口を備えています。2.1アンペアがタブレット用、1アンペアがスマホ用ですね。普通の1アンペアのスマホ用充電器と比べると、かなり大きめの本体になっています。

OWL-ACUS2

プラグのノッチ部分の作りは柔らかめなため、少しガタガタする感じです。本機をコンセントに刺した状態で、USBポートにケーブルを差し込む際、USBプラグのみを持って差し込もうとすると傾いてしまうので、本機を手で支えながらでないとうまくいきません。もう少し固めだとよかったかもしれません。

ちなみに、アップルによるとiPadの純正充電器でiPhoneを充電しても問題ないと言うことなので、この充電器の2.1アンペアのポートでiPhone等スマートフォンを充電してもOKなんだろうと思います。まあ純正充電器ではないので、何の保証もありませんが…。

じゃあ何のために2.1アンペアと1アンペアを分けているのか、2.1アンペアでスマホを充電してもいいなら、どちらも2.1アンペアのポートにすればいいじゃないか、というツッコミが当然出てくるわけですが、これは単に気分の問題でしょうか。何となく、スマホとタブレットは電圧を分けて充電した方が電池にやさしい気がするという…。

それはともかくとして、スマホとタブレットを1つで同時に充電できる充電器というのは、自宅でも配線がスッキリして気持ちいいですし、今はスマホもタブレットも一人一台持っているのが当たり前の時代ですから、旅行や出張に持ち歩いて宿泊先で充電する際にも、やっぱりコンパクトで重宝します。

ちなみに本機の安全性について、静かな部屋で本機を使用して、タブレットとスマホを同時に充電すると「ジー」とか「キーン」という変なノイズが発生しているのが分りますし、充電中は(特にタブレットを充電中は)本体がかなり熱くなる点がやや気になります(まあこれはiPadの純正充電器でも同じですが)。

純正でない充電器でiPhoneを充電して発火した、なんて事件も実際に起こっているわけなので、万が一のことが起こらないとは限らないわけですが、どうやら60度くらいまでは正常値らしいですし、本機を半年ほど使用していて、今のところ特に問題は起きていません。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ