Macbook Airに最適!BUFFALOの有線LAN接続用USBアダプタ「LUA3-U2-ATX」レビュー!

LUA3-U2-ATX

今回購入したのは、BUFFALOから発売されているUSB2.0用有線LANアダプター「LUA3-U2-ATX」です。近年、小型軽量性を重視したパソコンにLANポートを標準で備えていない機器が増えてきていますが、自宅などで無線LAN設備が整っていれば普段の使用には問題ないものの、ビジネスホテルなどで利用できる無料インターネット接続サービスでは、まだまだ有線LANしか備え付けられていないことも少なくありません。

せっかくの持ち運び用PCなのに、外出先で自由にインターネットを利用できないのは本末転倒な気がしますが、そんなときに便利なのがこのようなUSBアダプターです。有線LANポートを備えない機器にUSB端子経由でケーブルを接続するためのツールで、これを使えば無線LANしか利用できないパソコンでも、簡単に有線LAN接続を実現できるというわけです。

私は現在、MacBook AirをメインPCとして使用しているため、有線LANを利用するにはこのようなアダプターが必要になりますが、Appleから発売されているの純正オプション品は価格が少し高めに設定されていたので、今回はその半額程度で購入可能なこちらを買ってみました。PC周辺機器としては使用シーンがかなり限られる製品なのであまり需要はありませんが、せっかくの機会なのでレビューしておきたいと思います。


LUA3-U2-ATX

パッケージはこんな感じ。「MacBook Air動作確認済」と書かれているので、MacBook AirユーザーならばApple純正品でなくても、これを選んでおけば問題はなさそうです。Windowsも対応しているOSのバージョンが幅広いのがいいですね。

LUA3-U2-ATX

付属品はセットアップマニュアルやドライバCDなど。Mac OS X上での使用ならばドライバのインストールは必要なく、USBコネクタに接続するだけでそのまま使えますが、Windowsではドライバのインストールが必須のようです。

LUA3-U2-ATX

MacBook Airに接続してみたところ。ケーブルの長さはちょうど良くて使いやすいですが、本体部分は少し小さく設計できないものなのか、という気がします。

LUA3-U2-ATX

今回は、ちょうど出張でビジネスホテルに宿泊する機会があったので、実際にそこでも使ってみました(上の写真はそのときの様子)。MacとWindows(Bootcampでのデュアルブート環境)両方で試してみましたが、どちらも特に設定などは必要なく、ケーブルを接続しただけでスムーズにインターネットに接続できました。

LUA3-U2-ATX

通信中は、このようにLEDランプが点灯します。自宅だけでなく実際にビジネスホテルの一室でも使ってみて、通信速度は上り下りとも5Mbps前後くらいは安定して出ていました。USB接続だからと言って通信速度が遅いとか接続が不安定だとか、そういうことは全くありません。

基本的には持ち運び用の機器なので、自宅に無線LAN環境が整っている場合は使用シーンがかなり限られる製品ではありますが、Amazonなどでは1000円ほどで購入可能と価格も手ごろなので、出張などで3~4回も使用すれば十分に元が取れそうです。

また今回のようなLANポートを備えないパソコンでの使用以外にも、ゲーム機のWiiでも使えるようなので、無線LANの接続が不安定で気になる場合などにはこちらを試してみるといいかもしれません。LANポートを備えない機器を持っている人は、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ