ロジクールのマウス最上位モデル「M950」レビュー!

M950

今回紹介するのは、ロジクールのワイヤレスマウスの最上位機種「M950」です。管理人の愛用マウスは、ロジクールの多機能ゲーミングマウス「G700」(レビューはこちら)なのですが、購入から一年も経たないうちにチャタリングが発生してしまい、このたび保証規定に基づいて交換対応ということになりました。

そんなわけでサポート窓口に連絡してみたところ、現在G700の生産は終了してしまい在庫もないとのことで、代替品としてM950との交換または全額返金対応を提示された次第です。全額返金可能というも神対応だと思いますが、一応M950はフラグシップ機なのでG700よりも上の価格帯に位置する製品ですし、買い直すのも面倒なので今回はM950を送ってもらいました。

ちなみに、交換品としてこちらのM950を送ってもらったというのは実は今年の3月頃の話で、現在G700はモデルチェンジして「G700s」となっているので、今なら交換対等ということになればそちらが送られてくるのではないかと思いますが、今回せっかくフラグシップ機であるM950をいただいたので、簡単ですがレビューを書いてみたいと思います。


M950

箱はこんな感じ。写真ではわかりにくいですが、かなり厚みがあってマウスの化粧箱としてはずいぶん大きめになっています。ちょっと凝った箱の作りやデザインなども含めて、何だか開封する前からフラグシップモデルとしての佇まいを感じます。

M950

箱の裏面はこんな感じ。本マウスの特長が一通り記載されています。中でも最大の特長は、ガラステーブルの上でも使えるという、Darkfieldと名付けられたロジクール独自の非常にトラッキング精度の高いレーザーセンサーの搭載です。

M950

内容物一式。マウス本体の他、レシーバーや取説、ケーブル類やUSB充電器、(おそらくケーブル類やを収納するための)ケースなど。先にも書いたように本機は交換品として送ってもらったものですが、保証書もきちんと付いていました。

M950

ケースは作りはしっかりしていて質感がよく耐久性も高そうですが、割とタイトなので付属のケーブルを2本収納するのがやっとという感じです。短めのペンケースくらいのサイズですが、もう少しゆとりのある大きさにしてもらえたら、色々と使い道もあったかも。

M950

レシーバーはUSBポートに差し込んでもほとんど出っ張りのない超小型タイプ。最近このような小型の形状がスタンダードになっているので、特筆するほどのものではありませんが、ロジクールの対応するキーボードやマウスなら一つのレシーバーで複数の機器を使用できる”Unifying”に対応してるのは便利です。

M950

マウスの底面はこんな感じ。フラグシップモデルの割には、何だか普通です。電源スイッチをもっと大きくして使いやすくするとか、もう少し工夫があったら良かったかもしれません。まあ普段は見えない部分なので、どうでも良いと言えばどうでもいいですが。

M950

フタを開けると充電電池は単三の(今は亡き三洋製の)エネループ1本がセットされていました。また、このようにレシーバーを収納できるようにもなっていて、保管や持ち運びの際にもここに入れておけば紛失する心配が無いので便利です。

M950

マウスのスイッチをオンにすると、LEDが点灯します。バッテリーの残量なども点灯するLEDの本数によってわかるようになっています。

M950

親指側のサイドに4つのボタンが付いていて、矢印のマークが付いた上2つのボタンのほか、ZOOMボタンと親指の下にもステルスボタンがあり、専用ソフトウェアを使ってそれぞれ自由に操作を割り当てられる汎用ボタンになっています。

M950

親指側だけでなく、反対側にもグリップしやすいようにラバー(ウレタン?)が貼られていて、手に持った感触はフラグシップモデルに相応しくとても上質です。ただ、長期に割って使っているとこの部分がボロボロになりそうで、耐久性はやや気になるところ。

M950

マウスの頭にMicro USBのポートが付いているのですが、この写真から判るでしょうか。電池切れになった際はUSB経由でPCに接続すると有線で使用することもできますし、付属のUSB充電器を使って充電することもできるようになっています。

M950

ちなみにスクロールホイールの上にあるボタンは、通常スクロールと高速スクロールを切り替えるためのスイッチになっています。高速スクロール機能はロジクールの上位機種のマウスにはお馴染みの機能で、高速スクロールモードにするとホイールが回転し続けるため、縦長のページも素早く移動できるという、個人的にはもはや手放せない便利な機能です。

スクロールホイールは左右に倒すとボタンとして機能する、いわゆるチルトホイールになっているのですが、このマウスのチルトホイールはちょっと変わっていて、左右に倒したときにカチッというクリック感が全くありません。ほとんどのマウスのチルトホイールは横に倒すとカチッと鳴るんですが。

それゆえ、この部分のボタン機能に横スクロールを割り当てる分には感圧でスクロールさせることができるので、普通のマウスより直感的な操作が可能という意味で優れていると言えますが、それ以外のアクションを割り当てる場合にはクリック感がないのが逆に操作している実感がなく使いにくいと感じました。

一方で、スクロールホイールを下に押し込んだときのミドルクリックのほか、通常の左クリックや右クリックの感触・クリック音についてはまさに上質なマウスのそれで、きちんとコストをかけて丁寧に製造されているのが伝わってきてなかなか好印象です。

ただこの「M950」というマウス、一応ロジクールのマウスラインナップの中ではフラグシップモデルという扱いですが、同じくDarkfieldレーザーセンサーを搭載した、以前当サイトでもレビュー(こちら)を書いているモバイル用途向けのマウス「M905」と同時に発売されたこともあり、姉妹機的な位置づけにもなっています。

これはあくまで個人的な好みの問題かもしれませんが、どちらかというと”姉”の「M950」よりも、質感の高さや高級感については、”妹”の「M905」の方が上だと感じています。フラグシップモデルとしては機能性や使用感だけでなく、見た目の良さも所有欲を満たすために重視したいポイントなので、この辺りはすこし残念。

さてさて、今回はこのように交換品として本機を送っていただいたわけですが、ロジクールのサポートは以前はメールの返信が遅くのらりくらりとした対応で、評判は決して良くなかったと思いますが、最近はずいぶん改善されているようで、今回もメールを送った翌日には返信が来ましたしの発送も素早く、気持ちよく対応していただきました。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ