ウォークマンをボイスレコーダーとして使えるステレオマイク「ECM-NW10」レビュー!

ECM-NW10

今回は、ウォークマンをボイスレコーダーとして使用可能にするステレオマイクECM-NW10を買ってみました。最近のICレコーダーは、数千円台の価格で、かなり高音質な録音を実現しているものが出揃っていますが、実際に使ってみると意外とかさばったり、内蔵メモリの容量が少ないもが多く、便利な反面持ち運びには若干の不安もあります。

その点、この製品はコンパクトで重さ10gと持ち運びには最適です。ウォークマンなどのポータブルオーディオは常に持ち歩くもので、最近のものは内蔵メモリやバッテリーも大容量なので、持ち運ぶ上での不安はあまりありません。

録音音質や機能などは、通常のボイスレコーダーに比べると劣りますが、携帯電話などの録音機能を使うよりもはるかに高音質な録音が可能で、実用には全く問題のないレベルです。用途としては、会議や学校の講義などがメインで、普段使っているウォークマンにちょっと挿すだけで録れるという手軽さが特長です。


ウォークマンのオプション品なので、価格も通常のICレコーダーと比べると抑えられており、録音したファイルをPCに転送してバックアップをとるなど、最低限の機能は備わっています。日常的な範囲での、ちょっとした録音には便利なアイテムです。それでは、早速レビューしていきます。

ウォークマン用ステレオマイク「ECM-NW10」レビュー

ECM-NW10

箱はこんな感じ。価格は約5000円と割高です。純正オプション品とは言え、要はただのマイクであるということを考えると、コストパフォーマンスはあまり優れていないかもしれません。とは言っても、(当然のことですが)ウォークマンを持っているなら普通にICレコーダーを買うよりは安いです。

ECM-NW10

箱を開けてみたところ。大きさは500円玉より一回り大きいくらいで重さは10gと、持ち運びには便利です。ウォークマンと一緒にポケットに入れていても、かさばりません。「L」「R」とあるように、マイクが左右についていて、ステレオ録音が可能です。

ECM-NW10

本体裏側にはSONYロゴとシリアルナンバーが入っていて、その下側にSENSというマイクの感度を切り換えるスイッチがついています。SENSの「L」は会話や自分の声を録音するのに適し、「H」は会議や講義の音を録るのに向いているモードです。また、キャップはスタンドとしても使えるようになっていて、裏面のSONYロゴの下にキャップを差し込む穴があります。

ECM-NW10

キャップを裏面の穴に差し込んでみたところ。カチッっとはまる感じではなく、簡単に外れて落としてしまいそうなので、普段マイクを使用するときはキャップはポケットなどに入れておいたほうが良さそうです。

ECM-NW10

キャップをスタンドとして使用すると、こんな感じ。会議や講義を録音する際には、このスタンドが役に立ちそうです。

ECM-NW10

マイクをウォークマンに接続してみたところ。写真のウォークマンは「NW-A829」です。電源はウォークマン側から供給されるので電池は必要ありません。このマイクは全てのウォークマンで使えるというわけではなく、WM-PORTを搭載している、ダイレクトエンコーディング対応のウォークマンでしか使えないのが少々不便なところ。また、ウォークマンのモデルによってはマイクを挿すと、ヘッドホン端子が塞がれてしまうのも少し残念な点です。

ECM-NW10

録音はソニーが開発したオーディオ圧縮形式「ATRAC 64kbps~256kbps」のほか、非圧縮形式のPCM録音も可能です。ただし、残念ながらMP3形式での録音はできないので、注意が必要です。録音可能な周波数は、100Hz~10,000Hzです。

ECM-NW10

録音画面です。今回のウォークマンはNW-A829を使いましたが、対応ウォークマンのインターフェイスはどれも大きな違いは無いので、他のモデルでも同じ操作で録音することができます。ダイレクトエンコーディング対応のウォークマンは、声信号を検知し自動的に録音のスタートや停止をする「シンクロ録音」と、手動操作の「マニュアル録音」の2種類の録音方法がありますが、マイク使用時にはシンクロ録音は使えないので、マニュアル録音を選びます。

ECM-NW10

録音したファイルは日付順に自動的にフォルダに割り当てられ、録音した順によってファイル名が付けられます。マイクのボリューム調整などはなく、オートゲインコントロール機能によって録音レベルは自動的に設定されて音の大小は自動調整で均一になるため、ライブ演奏や楽器の録音にはやや不向きです。

最終評価

ECM-NW10

このウォークマン用ステレオマイクECM-NW10は、用途としては会議や学校の講義などがメインになることが多いと思いますが、このようなちょっとした録音用として使うならオススメできる製品です。また、同様の製品にLogitecから発売されているLIC-WMREC01もあります(こちらは少し値段が高いですがECM-NW10よりも高性能)。

やはり、普段持ち歩いているウォークマンにちょっと挿すだけで気軽に録音できるのが最大の魅力で、ICレコーダーとの大きな違いです。ICレコーダーの上位モデルやリニアPCMレコーダーほど高音質には録れませんが、音質は悪くなく、ステレオ感もしっかりと出て、普通に使っている分には音割れなども全くありません。ウォークマンでの録音中の消費電力は、音楽を鳴らしているときよりも少し大きいようですが、使っていてすぐに電池が切れてしまうということはありません。

音質以外にも、MP3形式での録音ができないことや、録音したファイルの倍速再生などができない点は、やはりICレコーダーには劣りますが、持ち運びの便利さや内蔵メモリの容量が多いことなど、ウォークマンを録音機として使うメリットは意外と多いかもしれません。ウォークマンを持っている方は、ぜひ揃えておいて損の無い製品だと思います。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ