SonicStageを使ってiPhone/iPodを音質向上させる方法!

sonic_stage

今回紹介するのは、iPhone/iPodの音質を向上させる裏技です。iPodのユーザーの方で、その音質に満足していないという方は、参考になるかもしれません。

iPodシリーズ全般の、音質が悪いとはよく聞く話です。皆さんはどのように感じていらっしゃるでしょうか。中には、「iPodの音質はトップレベルに良い」と言う方々もいるようです。オーディオ評論家の方にも、こういった意見を持つ人が、少数ながらいるようです。

「音質は主観的なものであり、絶対的なものではない」ということでしょうか。よく、音質がいいと一般的に言われているSONYのWalkmanシリーズなどがあります。そういった類のポータブルオーディオと、iPodとの違いは、皆さんはどこにあると思いますか?結論から言うと、音質の傾向が違うということになるでしょう。Walkmanなど、音質がいいとされているものは、iPodに比べて、重低音域が強調されていて非常にクリアに再生されるようです。この効果によって、直感的に音質が良いように感じるそうです。それに対してiPodは、すべての音域がフラットに再生され、特に重低音が強調されている訳ではありません。

ipod_ear_phone

さて、iPodシリーズが音質が悪いと言われる理由は他にも考えられます。まず、付属のイヤホンです。これは結論から言うと、数万円を出して購入するようなポータブルオーディオに付属してくるものとしては、最低レベルのものだと言われています。iPodユーザーの皆さんは、このイヤホンをiPodに接続して、音量を大きくあげてみたことはありますか?やったこのない方は、試してみてください。そうすると、音がものすごく割れていることが、素人でも簡単に分かるとおもいます。また、ほとんどのイヤホンには接続部分のプラグが錆びないように、金メッキが施してありますが、それすらしていないということが、このイヤホンのつくりの荒さを物語っていると言ってものではないでしょうか。

itunes_store

他にも、iPodのイコライザがあまり良いものではないなど、理由をあげたらキリがありませんが、今回の記事のポイントは、iPodの音楽管理、転送用のソフトであるiTunesについてです。このiTunesにも、iPodの音質が悪いと言われる理由の一因があります。

では、ここから本題に入ります。iTunesを使ってCDからパソコンにMP3やAACに圧縮して音楽を取り込む(エンコードと言います)際に、同じビットレートならばMP3よりも音質が良いとされる、AACで取り込む方が多いと思います。実はこの際、iTunesはあまりいいエンコーダを使っていないのです。iTunesには、CDからパソコンに音楽を取り込むための機能としては、最低限のものしか備わっていません。できれば他のソフトを使ってCDからパソコンに取り込んでから、音楽ファイルをiTunesに読み込ませる(インポート)という方法をとったほうが、音質は良くなります。ただし、AACのエンコーダ自体はまだあまり数は多くなく、以前はフリーウェアで探すとなるとiTunesしかほんとど選択肢がないという感じでした。これはなぜかと言うと、AACには特許があり、その特許を有する企業がAT&T、Dolby、Fraunhofer IIS-A、SONY、NOKIAの5社です。

現在は、SONYが提供している、Walkmanユーザーにとってはおなじみの「SonicStage」というソフトがあります。SonicStageは以前はWalkman付属のソフトで、一般には公開されていませんでしたが、今はフリーソフトとなり、SONYのホームページから無償でダウンロードすることができます。最近は、バージョンアップした、「SonicStage CP」や「SonicStage V」なども公開されています。

SonicStageはフリーソフトですが、音楽編集ソフトとしての機能は、iTunesにも引けをとらない優良ソフトです。というのも、一般的な音楽圧縮形式はすべてサポートしています。MP3をはじめ、AACやWMAやHE-AACなどもエンコードでき、その種類はiTunesよりも多いです。さらに、使ってみれば分かると思いますが、iTunesではできないような編集方法が可能、つまり、かゆいところにも手が届きます。たとえば、曲情報をアルバム単位でなく、一曲単位で取得できるなどです。はじめて使う方は、操作方法にとまどいを感じる人もいると聞きますが、個人的には、慣れてしまえばiTunesよりもはるかに使いやすいです。今回は、このSonicStageを使ってAAC形式で音楽を取り込みます。

SonicStageをインストール

SonicStage

1. まず、SONYのホームページから、SonicStageをダウンロードしましょう。

「SonicStageダウンロードページ」
http://www.sony.jp/walkman/software/music/index.html

SonicStage CP ダウンロード

「SonicStage CP」、「SonicStage V」どちらを使っても問題はありません(両方共をインストールして共存することもできます)が、今回は「SonicStage CP」の場合での解説を行います。上記サイトにアクセスし、上のスクリーンショットの①のところをクリックしてください。

2.下のほうにスクロールすると以下のようなダウンロードリンクがあります。
②の部分をクリックして、「SonicStage CP」をダウンロードしてください。
SonicStage CP 無償ダウンロード

3. ダウンロードが完了したら、SonicStageをインストールしてPCを再起動してください。インストールは少し時間がかかります。気長に待ちましょう。
SonicStage

4. インストール、PCの再起動が完了したら、さっそくiPodに入れたい音楽をSonicStageにとりこみましょう。AAC形式でCDから音楽を取り込んでください。
AAC フォーマットで音楽CDを録音する

5. デフォルトの設定ではSonicStage CPでエンコードしてPCに取り込んだ音楽ファイルはCドライブの「Documents and Setting」フォルダ内の「All Users」の「Sonicstage」フォルダの中にあります(XPの場合)。これをiTunesへインポートします。

このままだと、インポートした音楽はiTunes上では問題なく再生できます。しかし、そこでiPodと接続しデータを転送しようとするとうまくいきません。そこで、iTunesへインポートする音楽ファイルの拡張子を変更(リネーム)する必要があります。

6. 先ほどSonicStageにてAAC形式でPCに取り込んだ音楽は、ファイルの拡張子が「.3gp」になっているはずです。そこで、全て拡張子を「.m4a」に変更(リネーム)します。この手順を踏んだ上で、音楽ファイルをiTunesにインポートすると、正常にiPodに転送することができ、iPod上でも不具合なく再生することができます。

しかし、一つ一つのファイルの拡張子を手作業で変更するのは大変です。そこで、以前当サイトでも紹介したConvertXというツールを使いましょう。これを使うことで、複数のファイルの拡張子を一括変更することができます。フォルダごと一括変更することも可能なので、今回の拡張子変更作業の時間短縮にはもってこいです。

7. あとは、iTunesにインポートした音楽をiPodに転送すれば完了です。普通の方法でiTunesにCDから音楽を取り込み、iPodに転送して再生したときよりも、音質が向上しています。

多少面倒な方法ではありますが、iPodの音楽をいい音で聴くための手段として、無償でダウンロードできるSonicStageを試してみるのも面白いのではないでしょうか。

音質比較

では、実際にどれくらい音質が向上するのでしょうか。こんなデータがあるので、参考に載せておきます。

「Sonic Stage CP」のAACエンコード性能をチェック ~ iTunesのAACエンコーダと音質比較 ~

上記サイトにて、iTunesとSonicStageでの音質の違いを、波形の違いから分析した実験のデータを掲載して、詳しく説明されています。

上記サイトを参照すると、波形が違っているのが分かるでしょう。実験結果から、SonicStageの192kbpsはiTunesのそれよりも、高域まで音を再現できているということになります。つまり、SonicStage CPの192kbpsエンコードはより原音に近いということです。

128kbpsではそれほど大きな違いはないようですが、192kbpsの場合は、はっきりとした違いが出るようです。実際に音を聞き比べてみると、耳のいい人なら違いが感じ取れるレベルです。特に、オーディオ圧縮によって音質劣化の影響を受けやすい楽器音について注意して聞いてみると、よくわかるでしょう。

音質にそれなりのこだわりがある方の場合は、やはり普段からビットレートを192kbpsくらいに設定することが多いでしょうから、iPodの音質に満足していない方は、この方法を試してみる価値はあるのではないでしょうか。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 通りすがり より:

    スペアナで波形を見て、高音域が残っているから音が良い、
    削られているから音が悪い、
    というような穂床方法は正しくありません。
    藤本健氏は音声圧縮に関する知識が全くない(全くないのでこのような珍記事を書く)ため、
    参考にされない方がいいですよ。

    iPod付属イヤホンのプラグ部分が金メッキではないのは、
    コストの問題ではなくデザインを考えたものでしょう。
    shuffleユーザーですが、私は付属イヤホンで音が割れると感じたことはありません。
    音割れはiPodのイコライザーの問題ではないでしょうか。
    付属イヤホンは低音域が独特に感じますが非常にフラットで音自体はすばらしいと感じます。
    iPod以外に接続して聞いてみて欲しいですね。

  2. 通りすがり より:

    iPodの付属イヤホンの音質は本当に悪いです。
    付属イヤホンで音量を上げるとすぐに音割れします。
    音質がフラットで良いと感じる方もいらっしゃるようですが、
    少なくとも私にとってはそう感じることはあり得ないことです。
    もちろん、iPod以外のプレイヤーで使っても同じです。

    音質の悪さやデザインの安っぽさから考えて、
    iPod付属イヤホンのプラグ部分が金メッキではないのは、
    どう考えてもデザインではなくコストの問題でしょう。

    SonicStageを使って本当にどれほど音質が向上するのかどうか知りませんが、
    少なくともiTunesのエンコーダーより性能が良いのは間違いないようです。
    バージョンアップを重ねたことでiTunesのエンコーダーも以前よりはだいぶ良くなった
    らしいですが、昔のバージョンのiTunesに搭載されていたエンコーダーの性能は最悪だと聞きました。

    現在では性能的にはiTunesでも十分だとは思いますが、
    SonicStageのエンコーダーを試してみるのも悪くないと思いますよ。

  3. sonic より:

    私もiPod付属イヤホンの音質は悪いと思います。
    人によって感じ方が違う方もいるようなので、
    もしかすると最近製造されたものは昔より音質が良くなっているのかもしれませんね。

    私の第二世代iPod nanoに付属していたイヤホンは
    音量を上げるとすぐに音割れするのであまり使い物になりません。

  4. 通りすがりの名無し より:

    こんにちは、最近たまたまこの記事を見つけて早速試してみました。
    192kbpsのAACでSonicStageとiTunesを比べてみましたが、
    SonicStageの方が多少音質が良くなった気もしますが、
    私の耳にはそれほど変わらないような気もします。

    そもそもiPod自体の音質がウォークマンなどに比べて悪いことは間違いないので、
    ここまでして音質を気にするくらいなら、そっちを使ったほうがいいと思います。

    と言いながら私はiPod派なので試してしまいましたが・・・^^;
    いろいろと参考になった面白い記事でした。

  5. 018 より:

    SonicStage CPをダウンロードしたのですがインポートした
    曲データの拡張子を.m4aに変えてもiTunesが認識してくれません。どうしたらよいですか?ちなみにSonicStage CPのバージョンは4.4でした。説明の内容で気になる点が一点、m4aに拡張子を変更する前の拡張子が3gpではなくomaというATRACファイルのものになっていたのですが、iTunesに入れることが出来なかったのはこのためでしょうか?

  6. K より:

    SonicStageの後継ソフト(?)の「x-アプリ(エックス・アプリ)」というのが出てますね。x-アプリでもAACでCDから音楽を取り込めば、この方法と同じやり方で高音質化が可能でしょうか。

  7. s より:

    itunesのmp3は糞、aacは上位らしいよ。
    xーアプリは重たくて使い物にならないからやめた方がいい。
    実際にエンコードして聴き比べるのが一番早いかもね。

  8. 名前を名乗れない人 より:

    まぁどっちにしても、iTunesよりもSonicStageのほうが
    エンコーダーの性能がいいのは間違いないと思うよ。
    iTunesも昔のバーションと比べると最新バージョンなら
    かなり良くなってると思うけど、あくまでインターフェース重視の
    ソフトだから音質は良い方ではないでしょうね。

    対して、SonicStageは音質重視のSonyのソフトだから
    iPodに入れて聞くくらいなら分からないくらいの差かもしれないけど、
    耳の良い人が聞けば多少の音質の違いはあるんじゃないでしょうか。
    特に、ビットレートを低く設定したときに差が顕著に現れると思います。

    他にも、「LAME」とか高音質のMP3エンコーダーも無料で利用
    できるので、一度そっちも試してみるといいんではないでしょうか。
    x-アプリは重すぎて使い物になりませんから、インストールはオススメしません。

  9. toku より:

    iTunesのAACエンコーダは現状の最高性能だぞ
    逆にSSのAACエンコーダはお粗末(メインがATRACのため)
    ちゃんと調べようぜ

  10. 名無し より:

    結局好みじゃねえの?
    自分の好きな音質でいいんじゃね?デザインは好きだけど音質が嫌いだったら、氏のやり方でもいいし。たまたま音質が悪く感じる人がいたら、こういうやり方もありますよって事。何も分かってないだとか、そんな感想いらねーよ。参考を示してるだけありがたいと思わないのかね?

  11. . より:

    映像制作の現場では、まず間違い無くAACエンコーダとしてApple製を使っています。
    プロの耳で聞いて問題があれば、それはビジネスチャンスですから他社製のエンコーダが幅を効かせてもいいものですが、現状そうなってはいません。
    そもそも業務用機材を使ってWAV形式とAAC形式をブラインドテストした結果、違いが明確にわかる一般人はいなかったようです。(MP3の192kbpsも引き合いに出されていた)

    傍観者としてはこの手の話は面白いので「いいぞもっとやれ」状態ですけれど。

  12. xiangxiang より:

    Bros 動画変換は高画質かつ便利な動画変換ソフトとして、ASF、AVI、
    MOV、MP4、WMV、FLV、MPGなどの動画形式の間に相互変換できます。また、MP3、MP2、WMA、WAV、M4A、AAC、AC3、FLAC、AU、AMR、AIFFなどの音声形式の間にも変換できます。
    動画から人気音楽を抽出する
    Bros 動画変換は高速の変換機能が備えていますから大変助けます。AVI、ASF、MP4、MOV、FLV、DivX、Xvid、MPEG1、MPEG2などの動画形式からMP3、MP2、AC3、WMA、WAV、M4A、FLACなどの音声形式を抽出することも実現できるようになります。

  13. 詳しいことはちんぷんかんぷんな者 より:

    iriver、Transcend、Creative、SONY Walkmanと、とにかく音の良いものをと色々使ってみました。操作性とか管理ソフトの使い勝手とかは二の次でした。しかし今回友人にも薦められ、ipod touch4を買ってみました。そのオシャレでカッコイイインターフェースにわくわくしました。しかし、どれどれと音を聴いてみたところ、その音質に少々がっかりしました。正直「高かったのにな…」という思いもありました。けれど試しにCreative ZENに付いて来たイヤホンを使ってみたらすこぶる良い音に感じました。ところが、カーステレオに繋いで聴いてみて、またもやがっかりしました。今までのポータブルプレーヤーの中で一番音が悪いです。でもそれは勿論カーステレオとの相性もあると思います。なので、こちらの皆さんのお話を参考にさせていただいて、音質向上の勉強をしようと思いました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ