第4世代iPod touchの超薄型ケース「eggshell」レビュー!

eggshell

今回は、TUNEWEARから発売されている第4世代iPod touchの超薄型ハードケース「eggshell for iPod touch 4G」を購入してみました。先日も、同じTUNEWEARブランドの第4世代iPod touch用ケースTUNESHELL Rubber Frame、SOFTSHELLとレビューしてきましたが、より薄型化された新型iPod touchの特長を少しでも損なわないためにも、ケースの厚さわずか7mm、重さ6gというデザイン性の高さで、TUNEWEARのケースの中でも特に人気の高いeggshellも非常に魅力的です。

というわけで前回と同様、これから新しくiPod touchの購入を考えている方や、ケース選びに迷っている方などの参考になればということで、簡単ですが写真付きでレビューしてみたいと思います。また、ついでの機会に前回のSOFTSHELLのレビュー記事、および前々回のTUNESHELL Rubber Frameのレビュー記事とも比べながら見ていただくと、それぞれのケースの特徴や、メリット・デメリットなどが分かりやすいかもしれません。


eggshell

まずは、箱から取り出してみたところ。ケースがビニールの型にはめ込まれており、二重のパッケージングになっています。

 eggshell

付属品はケース本体のほか、箱を開けてみたところ。付属品はケース本体のほか、液晶保護シート、保護シートを貼る際に入ってしまった気泡を押し出すのに便利なコテ、クリーニングクロス、イヤホンケーブルをまとめるゴム製のワインダー。

eggshell

袋の中に、液晶保護シート、クリーニングクロス、コテがまとめられています。

eggshell

袋から取り出してみたところ。クリーニングクロスはメガネ拭きのようなやわらかい布、保護シートは液晶部分だけでなく表面全体を覆うことができるサイズになっています。eggshellは特にデザイン重視のケースである故、装着後の見栄えを美しく保つためにも付属品のクリーニングクロスは重宝すると思います。

eggshell

付属していた液晶保護シートですが、よく見るとホームボタンとカメラの位置以外にも、何故か穴が3つ空いています…。これは一体何なのでしょうか…??? Rubber FrameやSOFTSHELLを買ったときには、このような穴はありませんでしたが、同じTUNEWEARのケースなので付属品は基本的に共通のハズだと思いますが…。

eggshellの保護シートだけこういう仕様なのか、それとも偶々不良品に当たってしまったのか…。現時点では手元に比較するeggshellパッケージがないのでどちらとも言えませんが、不良品だったとしたらちょっと酷いですね(仕様だとしてもこうなっている意味が分からないので、どちらにしても酷いですが…)。もしこれについて何かご存知の方がいれば、ぜひコメントから教えてください。

eggshell

ケースは透明なプラスチックでできいますが、わずか7mmという薄さのためにクネクネと曲がりやすく、6gという軽さも相まって、これ単体で見ると比較的安っぽい印象を受けます。プラスチックの硬度もそれほど高いわけではなく、どちらかと言うとキズは付きやすそうです。

eggshell

あると意外に便利なストラップホール付き。TUNESHELL Rubber FrameやSOFTSHELLにはこのようなものはないので、ストラップを取り付けたい人はeggshellで決まりでしょうか。

eggshell

ケースを装着してみたところ。iPod touchにカチッとはまるような装着感で、サイズは驚くほどきれいにジャストフィットするように設計されています。装着後のがたつきや、ケースとiPod touchの間に埃が入り込むような隙間は一切なく、非常に高い精度で加工されているのが伝わってきます。

eggshell

スリープボタンや音量調整ボタンは露出しており、ケースを装着するとやや押しにくくなります。

eggshell

写真を見て分かるように、iPod touchの美しい背面デザインを邪魔しないというよりも、そもそもケースを装着していることすらパッと見ただけでは気付かないほどの違和感の無さ。この辺りはやはり唯一無二のケースであると感じさせてくれる、eggshellの真骨頂でしょう。

全体的な評価としては、iPod touch本来の美しいデザインを楽しみたい人にとってはベストなケースと言えるでしょう。ただし、先述のようにeggshellケースの材質自体は比較的キズが付きやすいプラスチックでできており、また透明感の高さやiPod touch背面が光を反射しやすいことから背面のキズが目立ちやすく、長期間使用していると見栄えが大きく変わってしまうかもしれません。

一方、表の液晶面はまったく保護してくれない形状に設計されているケースなので、背面のステンレス部分に比べて頑丈にできているとは言え、液晶保護シートは必須でしょう。このように保護能力はやや低い方ですが、装着していることさえ感じさせない薄さや軽量感は素晴らしいの一言。コンパクトな第4世代iPod touchには抜群に相性が良いケースだと思います。

関連する記事

当ブログを気に入っていただけたら RSS の登録をよろしくお願いします!
また、Twitter のフォローや Facebookページ でも更新通知を受け取れます。

Facebook ページ (更新情報を配信しています)

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. Alastor より:

    レビューありがとうございます。
    僕も注文しているのですが、未だ届いていません(泣)。

    保護フィルムの穴ですが、おそらく光センサーのための穴ではないかと思います。フィルムによっては光センサーを完全に覆ってしまうものと、穴で覆わないものとがあるようです。
    穴が空いていたほうがより正確に検知するらしいです。

    eggshellのフィルムが穴あきであるという貴重な情報ありがとうございます。これからも頑張ってください。

  2. 管理人 より:

    >Alastorさん

    なるほど、確かにちょうど光センサーの位置ですね。
    わざわざ穴を穴が開けられているフィルムは今まであまり見たことがなかったので、気がつきませんでした。
    とりあえず不良品にあったってしまったわけではないのが分かってホッとしました。
    こちらこそ、お教えいただきありがとうございます!
    今回は都内の某ビ○クカメラで買ったんですが、eggshellは人気が高いためかAmazon等では品薄みたいですね。
    もう少し経てば届き始めると思います。

  3. Kotaho より:

    液晶保護シートの謎の第三の穴は実はそこに光センサーがあるんです
    液晶画面になにも貼らずスタンドなどの光の下で見ると確認できます
    まあ他の商品で穴が第三の穴があるものはほとんどないですんで、別に保護シートで被さっても問題ないという事でしょうね(^-^)

  4. ネコ七 より:

    厚さ7ミリは厚すぎるとおもうのですが・・・
    0.7ミリですかね?

  5. hrt.shu より:

    3つ穴のことですが…
    実はiPod touchの右上あたりには照度計がついています。その照度計のための穴じゃないでしょうか?私も2つ穴はよく見ますが、3つ穴は珍しいですね。

  6. kenshin より:

    カメラの横の穴には光を調節するセンサーがついていますm(._.)m
    日光にipod touchを当てるとよくわかりますm(._.)m


コメントをどうぞ

このページの先頭へ