11インチ新型MacBook Airを購入、1ヶ月使ってみた感想&レビュー!

MacBook Air

今回は、昨年秋に発売された11インチMacBook Airを購入してみました。MacBook Air自体は2008年から継続して販売されていますが、現在のモデルではHDDを廃してフラッシュストレージを完全採用、GPU性能の大幅な向上などスペックが一新されたほか、従来の13インチに加え新たにより持ち運びに適した11インチのモデルも追加されるなど、デザインでなく実用性も非常に高いものになっているので、Windowsユーザーの中にも購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

ちなみに今回管理人が購入したのは、一般店頭で販売されている11インチMacBook Airでは上位モデルとなる128GBフラッシュストレージ搭載モデルで、実際にはコストパフォーマンスに優れた安価な64GBモデルの方が人気が高いようですが、今回はBootcampを使用してWindows 7とマルチブートすることを前提に考えていたため、容量に余裕のある128GBモデルを選んでみました。

というわけで、実際に購入したのは1ヶ月以上前ですが、MacBook Airをメインマシンとして乗り換えてみたので、しばらく使い続けてみて気づいたことや、ハードウェア的な性能面で気になったこと、他の個人ブログのレビューなどではあまり多く触れられていない、Mac OS XだけでなくBootcampを使ってWindows 7を走らせてみた感想なども含めて、簡単にレビューしてみたいと思います。

この投稿の続きを読む »


スポンサード リンク

タグ

11インチ新型MacBook Air (Late 2010)レビュー!- 開封の儀編 -

MacBook Air

今回購入したのは、昨年秋に発売された11インチMacBook Airです。もともとデザインの良さとポータビリティ性の高さでノートPCの中でも特に人気の高いMacBook Airですが、今回の新型モデルではフラッシュストレージ(SSD)の採用や高性能GPUの搭載など基本性能が大幅にアップしているため、乗り換えを検討しているMacユーザーだけでなく、Windowsユーザーの中にも購入を検討している人も多いのではないでしょうか。

私自身もこのようなWindowsの情報ブログを運営している立場上、MacよりもWIndowsを使う機会の方が多いのですが、なんと言ってもMacにはWindowsにはないデザインの良さがあり、またBootcampを使えば外出先でも一台のPCでMacとWindows両方を使い分けられるのも魅力です。というわけで、思い切って買ってしまった新型MacBook Air 11インチモデルですが、詳しい感想は後日に回して、まずは早速”開封の儀”のレポートからいってみましょう!

この投稿の続きを読む »

タグ

サンワサプライのSATA用IDE変換アダプタ「TK-AD40IDE」レビュー!

TK-AD40IDE

今回は、サンワサプライから発売されているシリアルATA用IDE変換アダプタ「TK-AD40IDE」を買ってみました。まず、「シリアルATA」や「IDE」といった用語がわからない人のために簡単に説明しておくと、現在一般的に使用されている、コンピューターとハードディスクや光学ドライブなどの内蔵ドライブを接続する規格には、「シリアルATA」と「IDE」という2種類の異なるインターフェースが存在します。

数年前までは従来規格のIDEが主に使用されていましたが、現在の主流はほぼ最新規格のシリアルATAに置き換わっており、これらは互いにケーブルの太さやコネクタの形が違っているため、そのままでは機器同士を接続して使用することができません(例えば、マザーボードがIDEにしか対応していないPCに、シリアルATAのHDDを取り付けることはできません)。

そこでうまく利用したいのが、今回紹介する変換アダプター。現在市場に出回っているHDDなど各種ドライブはほとんどがシリアルATA用の製品となっており、一部ではまだIDE用の製品も販売されていますが、需要と供給のバランスから同じ性能や容量でもシリアルATA製品のほうが圧倒的に安く、IDE製品との間に大きな価格差があります。

しかしながら、少し古いパソコンになると従来規格のIDE接続にしか対応していないものも多く、HDDなどを増設したいと思っても、そのままでは安価なシリアルATA製品を取り付けることができません。そんな時、このようなアダプターを使用することで、シリアルATAのコネクタ部分を強引にIDEに変換し、異なる規格同士の製品を電気的に接続することができるというわけです。

この投稿の続きを読む »

タグ

インテルのSSD「X25-M Mainstream」80GBレビュー!

intel SSD 80GB

遅ればせながら昨年の末、管理人のPCにもついにSSDを導入してみました。HDDと比べてまだまだ新しいメディアであり、1GBあたりの価格に10倍以上もの差が存在するSSDですが、ここ最近は2~3年前とは比較にならないほど価格が下がってきていて、そろそろ一般的なPCユーザーにも手の届くあたりにまで落ち着いてきているので、近く導入を検討している人も多いのではないでしょうか。

今のところ、SSDを買うならIntelの製品が他メーカーに比べて品質もコストパフォーマンスも良く、人気度合いなどから見ても事実上グローバル・スタンダード的な立場にあると言っていい状況なので、今回も無難にIntelの80GB SSD「SSDSA2MH080G2K5」を選んでみました。

というわけで、早速使ってみた感想をレビュー…といきたいところですが、HDDに比べてアクセス高速化や、発熱の抑制など多岐にわたって大幅なパフォーマンスアップが期待できるのは更言うまでもないことなので、ここではそういった話題はさらっと流し、これからSSDを購入することを検討している人の参考になればということで、とりあえず開封時の様子だけを簡単にレポートしておきたいと思います。

この投稿の続きを読む »


スポンサード リンク

タグ

このページの先頭へ